ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

八溝山自然観察案内 /夏緑の森・花の回廊

 

     f:id:xjino:20191222154216j:plain

 

 昨夜は恒例の県内高校天文部の合同合宿のお手伝いに行ってきました。夜,極寒の中天の川を仰ぎ,翌朝はこれもお約束の雪。標高800メートルはダテじゃない。

f:id:xjino:20191222154323j:plain


 「冬」をたっぷり堪能して思い出すのは,花咲き乱れる春の夏緑樹林。ああこの白と灰色の季節のかなたに,本当にあの光あふれる甘やかな風はあるのだろうか。そんなことを考えながらのこの季節,このブログも古いフォルダからネタを拾って場を繋ぎます。前にもお伝えした出版物,茨城県の生物観察ガイドからまた1つご紹介します。今日は前回の「御前山」に続いて「八溝山」を,花咲き乱れる春から夏の茨城県最高峰をご覧ください。

 

八溝山 茨城県の最高峰 大子町

位置

f:id:xjino:20191222154421j:plain
大子町 上野宮
最寄り駅 常陸大子
バス路線 蛇穴まで
蛇穴/山頂/日輪寺に駐車場・トイレ有り


調査地地図

f:id:xjino:20191222154522j:plain


解説
 八溝山は本県の最高峰です。山体を構成する中世代の地層が永く侵食され,多くの沢を刻むことからこの名があります。全山植林が行われていますが,山頂下や中腹,旧参道周辺で自然林の観察ができます。


 自然観察地としての八溝山の魅力は,その夏緑樹林を彩る花々の美しさでしょう。林床のスミレ類に始まってカタクリシロヤシオミツバツツジ。初夏にかけて次々と移り行く花々の多彩さは,本県随一といえます。


 さらに,近年植栽されたゼンテイカニッコウキスゲ)は初夏の八溝山を代表する花になりました。山頂草原と山頂下駐車場付近に群生し,大輪黄色の一日花を次々と咲かせます。この花の群生地は他にもありますが,いずれも私有地や傾斜地で鑑賞には適しません。ここ八溝山は,茨城で一番ニッコウキスゲを安全に鑑賞できる場所です。


 また,亜高山帯の植物であるダケカンバが生育するのも八溝山の特徴で,氷河期の遺存植物と考えられます。ガロアムシタカチホヘビも,山地性の貴重な種です。


 福島,栃木の両県に突き出した位置にある八溝山は,多くの県民には「遠い山」であることでしょう。その自然の多様さを思うと,もっと親しまれてよい山だと思います。


※ なお,出版物の方にはタカチホヘビバンダイハコネサンショウウオガロアムシトワダカワゲラの写真があるのですが,他の方に撮っていただいた写真なのでここでは割愛いたしました。


 最近雪が少なくなり,真冬でも車で上れます

f:id:xjino:20191222154739j:plain
 アズマモグラ  2/19


f:id:xjino:20191222154809j:plain
 ウラキンシジミ卵塊  2/19


 花と新緑が,日に日に装いを変えていきます

f:id:xjino:20191222154855j:plain
 カツラ  4/26


f:id:xjino:20191222154917j:plain
 ダケカンバ  4/26


f:id:xjino:20191222154947j:plain
 ツルキンバイ  4/26

 

f:id:xjino:20191222155005j:plain
 ヌカボシソウ  4/26


f:id:xjino:20191222155032j:plain
 ヤドリギ  4/26


f:id:xjino:20191222155055j:plain
 ワサビ  4/26

 

f:id:xjino:20191222155111j:plain
 アオフタバラン  4/29


f:id:xjino:20191222155128j:plain
 カタクリ  4/29


f:id:xjino:20191222155145j:plain
 ニリンソウ  4/29


f:id:xjino:20191222155201j:plain
 マキノスミレ  4/29


f:id:xjino:20191222155216j:plain
 マルバスミレ  4/29

 

f:id:xjino:20191222155232j:plain
 エイザンスミレ  4/30


f:id:xjino:20191222155247j:plain
 タチツボスミレ  4/30


f:id:xjino:20191222155304j:plain
 フモトスミレ  4/30


f:id:xjino:20191222155318j:plain
 シイタケ  5/18

 

f:id:xjino:20191222155336j:plain
 シロヤシオ  5/18


f:id:xjino:20191222155354j:plain
 ツボスミレ  5/18


f:id:xjino:20191222155406j:plain
 トウゴクミツバツツジ  5/18


f:id:xjino:20191222155423j:plain
 ミソサザイ  5/18


f:id:xjino:20191222155442j:plain
 ヤマツツジ  5/18

 

f:id:xjino:20191222155456j:plain
 ヤマナシ  5/18

 

初夏 歓喜の季節の終わりを飾る花々
f:id:xjino:20191222155517j:plain
 ゼンテイカニッコウキスゲ  5/31


f:id:xjino:20191222155535j:plain
 オオバアサガラ  6/11


f:id:xjino:20191222155949j:plain
 ギンリョウソウ  6/11


f:id:xjino:20191222160011j:plain
 ツクバネウツギ  6/11


f:id:xjino:20191222160029j:plain
 トウゴクシソバタツナミ  6/11


f:id:xjino:20191222160055j:plain
 ブナの実  6/11


f:id:xjino:20191222160112j:plain
 オナガミズアオ  6/29


f:id:xjino:20191222160128j:plain
 キツネノエフデ  6/29

 

 エゾゼミ類の鳴き声が,暗くなった林床に響きます

f:id:xjino:20191222160225j:plain
 コエゾゼミ  8/14

 

f:id:xjino:20191222160256j:plain
 アサギマダラ  8/23


f:id:xjino:20191222160319j:plain
 コオニユリ  8/23


f:id:xjino:20191222160338j:plain
 サワガニ  8/23


f:id:xjino:20191222160358j:plain
 ハエヤドリタケ  8/23


f:id:xjino:20191222160415j:plain
 マタタビ虫えい  8/23

 

 短い紅葉の季節を経て,夏緑樹林は散り敷く落ち葉に満たされていきます

f:id:xjino:20191222160616j:plain
 コハウチワカエデ  10/31

 

 季節は巡る,倦むことなく。本当に不思議なことです。

 

 ↓ 関連リンク

奥久慈の紅葉 /八溝山 - ジノ。

花の御前山 水戸近郊,フロラの神殿 - ジノ。

オリオン座 雲海の山 ヤドリギの実 - ジノ。

山上のワークショップ - ジノ。

マタタビ酒の作り方 - ジノ。

 

↓ よろしければポチッと

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ