ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

梅雨明けて花園の森に蝶が舞い

 

f:id:xjino:20200805224428j:plain


 快晴。虫を見たくて,北茨城・花園まで行ってきました。

 

f:id:xjino:20200805224453j:plain
 林道を歩いていると伐採地の間に湿原が。

 

       f:id:xjino:20200805224506j:plain
 大きな黄色い花,トモエソウです。見事なおしべはオトギリソウ科の特徴。

 

f:id:xjino:20200805224529j:plain
 トモエの名はこの花びらの配置から。わかります?

 

f:id:xjino:20200805224541j:plain
 オトギリソウもありました。我が家のは花期が終わりかけてますが標高の高いここでは今が盛りです。

 

   f:id:xjino:20200805224606j:plain
 チダケサシ。アスチルベの名で売られてるのがほぼ同種。

 

           f:id:xjino:20200805224626j:plain
 湿地植物のお馴染みさん,ヒメシロネ。尾瀬にもありました。

 

f:id:xjino:20200805224703j:plain
 これも湿原によくあります,ノリウツギ。虫を呼ぶ花。

 

f:id:xjino:20200805224719j:plain
 ミドリヒョウモン。

 

f:id:xjino:20200805224731j:plain
 手前がヨツスジハナカミキリ,奥はアリに見えますがハネカクシという甲虫です。

 

f:id:xjino:20200805224817j:plain
 花と虫の饗宴。長い梅雨を耐え抜いた虫たちが祝祭の日を迎えています。

 

f:id:xjino:20200805224850j:plain
 森の中に入ると

 

          f:id:xjino:20200805224910j:plain
 ブナだ。ここは温帯樹林の奥深く,生命の気が満ちる場所です。

 

  f:id:xjino:20200805225001j:plain
 たぶんミミガタテンナンショウ。実は秋に赤く熟します。

 

f:id:xjino:20200805225023j:plain
 エンレイソウ

 

f:id:xjino:20200805225039j:plain
 鳥の羽が落ちてました。鳥の種類は私には見当もつきません。でもキレイ。

 

        f:id:xjino:20200805225058j:plain
 枯れ木がぐずぐずになってました。これはほかの多くの生き物の住処になります。

 

f:id:xjino:20200805225141j:plain
 一頭の細長いハチが私を警戒しつつもこの木から離れません。朽ち木の内部にいるカミキリムシの幼虫に卵を産み付けようとしているんです。それぞれの生き方。

 

f:id:xjino:20200805225202j:plain
 こういう腐れた木は変形菌(粘菌)の格好の住処です。見上げたぐずぐずの幹に

 

    f:id:xjino:20200805225220j:plain
        完成したばかりの子実体と

 

          f:id:xjino:20200805225302j:plain
 変形体の痕跡。たぶん一昨日までは木の内部で巨大アメーバの変形体として細菌を食べて成長し続け,昨日雨が上がったことで繁殖の時節を知ったのでしょう。開いた穴から外に這い出して,昨夜から今朝にかけて小さなキノコ状の子実体に変化し,胞子となりました。空を飛んで,新たにアメーバとして生きる新天地を目指します。変幻自在のなんと自由な生命であることか。

 

f:id:xjino:20200805225457j:plain
 赤いキノコっぽいのを撮ったら,すみっこに今まさに這い出てきた変形体が写ってました。梅雨が明けたことを知った菌たちが,一斉に行動を起こしています。変形菌ファンの皆さま,今日がチャンスでしたよ。

 

f:id:xjino:20200805225523j:plain
 この変形菌はわかる。ムラサキホコリカビかその同類です。

 

f:id:xjino:20200805225534j:plain
 こちらはまだ変形中で種類はわかりません。見えますか,左上にいるヤスデに食べられてます。食ったり食われたりは自然のことわり。

 

f:id:xjino:20200805225611j:plain
 キセルガイに食われている菌もいました。

 

           f:id:xjino:20200805225645j:plain
               変なイモムシいた。

 

f:id:xjino:20200805225734j:plain
 森を抜けたところでウバユリが咲いてました。

 

             f:id:xjino:20200805225809j:plain
 ウバの名は,花期に根生葉が枯れるから。葉がない,歯がないから「乳母」。よくこんなネーミング思いつくなあ。

 

f:id:xjino:20200805225907j:plain
 ウバユリのこういう角度の写真ってあまりないと思う。

 

f:id:xjino:20200805230030j:plain
 タマアジサイというと御岩神社を思い出します。また行かねば。

 

f:id:xjino:20200805230046j:plain
 フシグロセンノウは森に秋を告げる花。もう咲いて…… と思ってよく考えたら,今は8月,暦の上の秋なかばでした。梅雨が一昨日までだったので感覚が狂ってしまいます。

 

  f:id:xjino:20200805230114j:plain
 カワミドリ。シソ科の美しい花です。

 

        f:id:xjino:20200805230134j:plain
 ミズタマソウ。あまり低地で見た記憶がないのですが,この通り地味な植物だし気づかなかっただけかも。

 

f:id:xjino:20200805230156j:plain
 クサアジサイは,咲き初めよりも赤く色づいた若い実が目立つこれくらいが一番きれい。

 

f:id:xjino:20200805230226j:plain
 野の仏。山深い土地ですが古くから人の生活があった場所です。

 

f:id:xjino:20200805230302j:plain
 とっさによく撮れたなあ,ミヤマカラスアゲハ。

 

f:id:xjino:20200805230324j:plain
 リアル「赤き死の仮面」,スミナガシの幼虫。

 

f:id:xjino:20200805230337j:plain
 地味な成虫より面白い。蛹はもっと面白い。いずれお見せします。

 

f:id:xjino:20200805230354j:plain
 シータテハ。 ”C ”模様がくっきり。ここらにはたくさんいます。

 

f:id:xjino:20200805230410j:plain
 木の上からボトリとヒグラシが落ちてきました。何があった。

 

f:id:xjino:20200805230421j:plain
 ムラサキシジミ

 

f:id:xjino:20200805230439j:plain
 ミスジチョウ。ここにはオオミスジも分布しています。

 

f:id:xjino:20200805230457j:plain
 アカタテハ

 

f:id:xjino:20200805230514j:plain
 ヤマキマダラヒカゲ。

 

f:id:xjino:20200805230527j:plain
 クモガタヒョウモン。オオハンゴンソウで吸蜜。

 

f:id:xjino:20200805230541j:plain
 コムラサキ

 

f:id:xjino:20200805230554j:plain
 ヒオドシチョウ。

 

f:id:xjino:20200805230609j:plain
 ウラギンシジミ

 

f:id:xjino:20200805230625j:plain
 ヤマトスジグロシロチョウの雌が産卵場所を探しています。ずっと「エゾスジグロシロチョウ」と呼ばれていたものが,北海道と本州で別種だということになって本州の種に「ヤマト」と付きました。なんか馴染めない名です。

 

f:id:xjino:20200805230705j:plain
 ここは花園,道にミヤマクワガタが落ちていても別に驚きません。

 

f:id:xjino:20200805230736j:plain
 噛まれた。

 

f:id:xjino:20200805230749j:plain
 なんてところをアブにじっと見られてた。

 

f:id:xjino:20200805230804j:plain
 どの川もまだ水量が多く,メノウ拾いにもパンニングにも行けません。しばらくは生物ネタが続きますのでよろしくお願いします。

 

f:id:xjino:20200805230819j:plain
 結界を張るようなこれは,お墓の入り口に立てるご先祖様へのお迎えのしるし。このあたりのお盆の準備です。よく考えたら来週はお盆なんですね。梅雨が明けた翌週の盆。自然界は長梅雨のせいで気の巡り,水の流れがすっかり変わってしまいました。いつもと違う肌触りの夏です。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

梅雨明けの日,虫捕り公園で

 


          f:id:xjino:20200803183604j:plain

 


            梅雨が明けました。

 

 

f:id:xjino:20200803183627j:plain
 ここは水戸郊外の「虫捕り公園」。行けばカブトムシくらいなら必ず採れると子連れの若いお父さんに人気の公園です。

 

f:id:xjino:20200803183737j:plain
 ヤマユリが咲き

 

f:id:xjino:20200803183750j:plain
 ギボウシが咲き

 

f:id:xjino:20200803183803j:plain
 ママコナ。半寄生植物です。

 

f:id:xjino:20200803183822j:plain
 たぶん植栽でしょうけど,茨城では珍しいコウホネ。河骨と書きます。

 

      f:id:xjino:20200803183835j:plain
        絶対に植栽,ブナ。


 雑木があり,いろいろな植栽があり,水辺があり。多彩な環境があることが人にも虫にも好まれています。夕刻にはお散歩の人が集まってきて,駐車場がいっぱいになります。平和って素晴らしい。

 

f:id:xjino:20200803183917j:plain
 桜の幹に紛れてニイニイゼミ。逃げません。明るいうちは神経質なセミのはずですが,一日鳴き続けて夏に倦み疲れたのでしょうか。

 

f:id:xjino:20200803183929j:plain
 盛夏を前に消え去るか。

 

f:id:xjino:20200803183947j:plain
 キマワリ。ザコ中のザコ,という扱いで子供にも見向きもされない雑木林のモブキャラクター。

 

f:id:xjino:20200803184002j:plain
 視界を一瞬,青い光が横切りました。トカゲの子供。

 

f:id:xjino:20200803184017j:plain
 木の幹にマイマイガ。幼虫は派手な色彩と目立つ行動でよく見かけるのですが,成虫は静かなものです。

 

f:id:xjino:20200803184028j:plain
 ミノムシ。かなり立派なミノで,オオミノガでしょうか。最近減っていると聞きます。

 

f:id:xjino:20200803184041j:plain
 ニイニイゼミの抜け殻の隣にそっとイシノミ。3億年以上前から姿の変わらない古い生き物です。

 

f:id:xjino:20200803184057j:plain
 勢いを増す虫たちの間で小さくなっているのがニホンアカガエル。冗談抜きで,油断すれば虫を食う側から食われる側になる。脊椎動物だからと威張ってられないのが自然の厳しいところです。

 

f:id:xjino:20200803184113j:plain
 クヌギの木のしわの間にウスバカミキリ。必死に隠れてますが,子供たちに見つかったらどんな扱いをされるのか興味があります。

 

f:id:xjino:20200803184313j:plain
 クヌギのうろにトゲアリの巣がありました。重装歩兵さながらに。

 

f:id:xjino:20200803184347j:plain
 ルリタテハとジャノメチョウ。

 

f:id:xjino:20200803184438j:plain
 昨日まで気温が低く日照もなかったので,クヌギも樹液を出しているのがほとんどありません。唯一出てたのがこの露出した根の部分。カブトムシ,カナブン,クロカナブンスズメバチ。夏のオールスターズと言っていいかな。このあと駄菓子屋で売ってるような捕虫網を持った若いお父さんに根こそぎにされてました。

 

f:id:xjino:20200803184508j:plain
 ここは夜になっても樹液酒場の饗宴が続くのでしょうが,空が白むころまでぐずぐずしてるとこのようにカラスの餌食になります。一夜の夢が終わる時。

 

f:id:xjino:20200803184547j:plain
 虫たちと遊んでいたら,日が傾いていました。シオカラトンボも今宵の寝場所に落ち着くようです。

 

 

       f:id:xjino:20200803184558j:plain


  このまま夏が来ないんじゃないかと心配しておりました。大丈夫,季節は回り続けてます。たぶん,私の気の持ちようだったのでしょう。あと何回の夏があるかわかりませんが,虫たちと過ごした日々,過ごす日々を大切にしていきたいと思うのです。それが私の原点だから。…… どんな夏になるのかなあ。

 

f:id:xjino:20200803184630j:plain
 広い広い茨城の空が,静かに暮れていきました。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

虫たちの日々

 

       f:id:xjino:20200801115013j:plain


 今の職場は水戸の郊外,周囲は雑木林。窓を開けているとオオスズメバチが入ってきたりして大騒ぎになる緑豊かな環境です。春のころは周辺をのんびりと散歩する余裕もあって季節の移ろいを楽しんでいたのですが,最近はそれどころではなくなっていました。今週も大きなイベントを仕切ったりして疲れ気味。梅雨の間の曇天ですが,ふらふらーっとさまよい出てみます。


 雑木林の林縁に多いのがイヌザンショウエノキ。なぜか知らないけど虫に好かれまくる不思議な木です。

 

f:id:xjino:20200801115130j:plain
 そのイヌザンショウの葉の上にハラナガツチバチ。大型だけど大人しい,毛並みの美しいハチで,よくこんな場所でぼーっとしています。せわしなさそうなハチの仲間にもこんなのんびりしたのがいることに安堵します。言葉が通じるならお友達になりたいくらい。

 

f:id:xjino:20200801115147j:plain
 イヌザンショウは花期。以前にも記事にしましたがこの花が多くの虫に好かれるんです。確実に見たかったらイヌザンショウの隣で待て,という虫もあるくらい。

 

f:id:xjino:20200801115212j:plain
 個人的には珍しい光景,オスのヤブ蚊っぽいのが吸蜜してました。蚊のオスは人を刺しません。ただ花の蜜を吸いながら穏やかに生きるばかり。なんだろう,こういう生き方に本当に憧れる。…… いやそんなに疲れているわけではありませんよ。ご心配なく。

 

f:id:xjino:20200801115233j:plain
 イヌザンショウの葉が激しく食われているのは

 

f:id:xjino:20200801115247j:plain
 こいつが犯人,アオドウガネ。成虫だからそんなに食う必要はないはずなのに,とんでもない食欲を発揮します。

 

f:id:xjino:20200801115311j:plain
  エノキのほうにも食害昆虫,これはハムシ。アカクビナガハムシかも知れませんが,ハムシは種類が多いのでそれ以上はやめときます。

 

 f:id:xjino:20200801115333j:plain
 名も知らぬガ。エノキの葉を食べて成長し,羽化までたどり着きました。雨に閉ざされた梅雨でしたが,人知れず昆虫たちの営みは続いていたんですね。

 

f:id:xjino:20200801115412j:plain
 エノキの葉はよく病気になっているのも見かけます。食材のエノキダケというともやし栽培されたアレを想像するでしょうが,野生ではエノキの材に冬に発生する焦げ茶色の大きなキノコです。エノキは微生物や菌類にまで好かれちゃうわけです。ちなみにこの写真はダニによる虫こぶ「エノキバイボフシ」。

 

f:id:xjino:20200801115446j:plain
 エノキを食べるものではありませんがダイミョウセセリが葉上に。蝶屋からはザコ扱いされますけど,かつて飼育した縁で個人的には嫌いではありません。ちなみにこの辺りでは,エノキを食する有名どころのオオムラサキとかゴマダラチョウとかアカボシゴマダラとかヒオドシチョウとかテングチョウとかは見たことありません。列挙してその多さに自分で驚いてます。大木になるとタマムシが産卵に来たりして,本当に虫に好かれる木なんです。

 

f:id:xjino:20200801115552j:plain
 その虫を狙ってオオカマキリの幼虫。といってももう立派なサイズです。

 

f:id:xjino:20200801115616j:plain
 オニユリの花が地面にあって,捨てられたのかな,造花かなと思ったら本物でした。本当に生育していた。茎を支えていた周囲の草が刈られ,倒れ伏したようです。オニユリに野生はないので,どこかから逃げ出してきたのでしょう。

 

 f:id:xjino:20200801115630j:plain
 今まで気づきませんでした。

 

f:id:xjino:20200801115656j:plain
 マダケには天狗巣病。

 

f:id:xjino:20200801115709j:plain
 春に花を見たガマズミに青い実が膨らみかけてました。

 

f:id:xjino:20200801115729j:plain
 植え込みのサンゴジュの実が色づき始めてます。西国の植物ですが火を防ぐというのでよく植えられます。もちろん赤い実大好きの私にはうれしい。

 

f:id:xjino:20200801115741j:plain
 ミョウガのニセモノ,ヤブミョウガ。そういえばうちの庭にも突然現れました。もう花期なんだ。

 

f:id:xjino:20200801115803j:plain
 サトキマダラヒカゲは今年初見。

 

f:id:xjino:20200801115816j:plain
 よく見かける美しいクモ。調べたらワキグロサツマノミダマシという実に味気ない和名でした。センスがないのもはなはだしい。誰か,この容姿に似合った名を付けてあげてください。

 

f:id:xjino:20200801115831j:plain
 ノイバラの葉が食害されているのは

 

f:id:xjino:20200801115844j:plain
 こいつ。ハバチの幼虫。

 

f:id:xjino:20200801115859j:plain
 アブラゼミの抜け殻。今年の初鳴きを聞き逃しました。もうニイニイゼミに混じって鳴いてます。ちなみにニイニイゼミは6月末日に鳴き始め,ヒグラシはおととい,今日はミンミンゼミが夏の聖歌隊に加わりました。夏の森の大伽藍に,命を懸けた大合唱が響きます。

 

f:id:xjino:20200801115914j:plain
 雨と仕事に振り回される間に,ずいぶんと季節が動いてしまったなあ。特に虫たちが不穏な天候の下で着々と夏の準備を進めていたのに少し感動しました。明日はカメラを背負って野を歩いてみようかな,なんて考えてます。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

いつでも夜がやってくる

 

         f:id:xjino:20200725082338j:plain


 昨年の話ですが,新築以来ずっと使い続けた書斎のブラインドを新調しました。なんとそれで,昼間でも部屋を真っ暗にできるようになったのだああ。


 いや,だああと言われてもお困りですよね。これはごく個人的な価値観であります。

 

f:id:xjino:20200725082925j:plain
           実は夜行性です。

 

      f:id:xjino:20200725082945j:plain
 昔から夜更かしでした。高校時代は「オールナイトニッポン」を3時まで聞いてました。お気に入りは中島みゆきタモリ。真っ暗い部屋でラジオに耳を当てていると,夜の奥深さがむしろ増していくのを感じました。我ながらエラいと思えるのは,翌日の授業中に決して居眠りしなかったこと。もちろん欠席なんかしません。今どきのゲーム・SNS中毒のガキどもと一緒にしないでください。

 

         
 大学ではラジオを聞かなくなりましたが,部室や研究室に入り浸ったり街を徘徊したり,夜行性が高じていきます。人間性の解放と言えば大げさになります。ただ夜が楽しかった。そんな夜の高揚の中で書いたラブレターは我が人生最大の汚点であります。こういうものを夜に書いてはいけない。感覚が広がる分冷静さが失われるのもある意味夜の効用ではあるのですが。


 こんな感じで夜を楽しんでいた私ですが,仕事に就いてからは次第にそんな余裕がなくなっていき,いつしか夜の世界を封印していました。それで仕事はそれなりにこなせてきたのですが,時おりあの夜の昂揚が懐かしくなる時もありました。

         f:id:xjino:20200725083209j:plain

 


  で,ブラインドの話に戻ります。私の書斎のブラインドはもともと縦にロールさせるカーテン型でした。

 

f:id:xjino:20200725082412j:plain f:id:xjino:20200725082441j:plain
 外側のレースと内側の濃紺,という二段構え。これでかなり部屋を暗くできるので気に入っていたのですが,十数年経って紫外線でプラスチック部品が劣化し,特に外側のレースのほうがガタガタです。これだけでも新調しようとホームセンターに行ってみたら,もうこのタイプはないとのこと。あうう。


 じゃあどうしようと見まわして目についたのが,上に折りたたむ新型のブラインド。なんと一つの台座で好きな二色を自由に組み合わせられるんです。何これかっこいいと一目ぼれ。それで注文したのが

 

f:id:xjino:20200725082615j:plain
 下半分は白レース。

 

f:id:xjino:20200725082629j:plain
 上半分は濃色。ボールチェーン一つで自在に操作できます。

 

f:id:xjino:20200725082645j:plain
 閉じると…… スキマから光が漏れるのですが

 

      f:id:xjino:20200725082702j:plain
 そのために濃紺のカーテンブラインドを残してあります。これを降ろすと,本当に夏の昼間でも書斎を真っ暗にできるようになりました。クーラーをガンガン効かせれば,季節も時間も超越した空間を現出できます。

 

     f:id:xjino:20200725082851j:plain
 何だネットカフェの個室じゃねえかとか言わないでね。実は役職に就いて仕事が忙しくなった当初,休日はネットカフェに入り浸っていた時期がありました。早朝に入店して,だらだら過ごして店を出るのは夕刻。この一日をドブに捨てるような感覚がなんとも快感で,良いストレス解消でした。その再現というわけではないけれど,この四連休の初日は書斎を暗くして,録り貯めたビデオを見たり本を読んだり,静謐な中でだらだら過ごしてしまった。我ながら良い休日だったと思う。

 

f:id:xjino:20200725083120j:plain


 皆さまはどんな連休だったでしょうか。お仕事によっては休みはお預けだったかもしれません。どうかそれぞれの,良い休日をお過ごしください。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

地震で死にたくなければ茨城に…… とも言い切れないんだ,これが

 

       f:id:xjino:20200723154728j:plain


         茨城は地震が多いんです。


 地震と言っても震度1とか2とか小さなものばかりなのですが,とにかく有感地震が多い。


 他県が震源のもらい地震もありますが,茨城県下での発生もそれなりに。試しに最近100 回の国内有感地震の場所別発生回数を調べてみたら,


 1位 長野県 19回
 2位 茨城県岐阜県 11回

 

 


 おいおいおいおい

 


 また2番かよ。農業出荷額やら道路の総延長やら霞ケ浦の面積やら,やたら2番の統計の多い茨城県。まさかこんなものまで。…… いやそういうことじゃなく。


 この三県で国内地震の4割をマークしました。長野・岐阜が多いのはわかります。長野県中部地震,あるいはかつての濃尾地震を引き合いに出すまでもなく,もともと地震が多く,それによる災禍を受け続けた地域です。なんといっても造山運動継続中の日本アルプスに火山まであるんですから。


 不思議なのは茨城県


 関東の都県で唯一「活断層」がありません。火山もありません。


 震源はすべて「茨城県沖」か「茨城県南部」。沖合に日本海溝の端っこがあって東日本大震災でも少し動いたのでしょうがない。たぶん宮城や福島沖で今も続く余震の類でしょう。南部は南関東地震帯にかかってしまうので,霞ケ浦より南では過去にM7クラスの地震も起こってます。


 でもとにかく人が死なない。

 

f:id:xjino:20200723155301p:plain
 関東大震災というと関東地方が全滅したようなイメージがあるでしょうが,それは東京や横浜でのこと。茨城県内の死者は5人です。こう言っては申し訳ないけど,どこにも運の悪い人っているもんですから。

 

f:id:xjino:20200723155359j:plain
 記録を見ると,県内最大の人的被害は江戸時代の1677(延宝2)年津波が押し寄せて36人が亡くなったもの。1895(明治28)年のM 7.2 の地震でも圧死4人のみ。東日本大震災では計24人が亡くなってます。津波が6人,東海村発電所の高さ220メートルの煙突で作業していて振り落とされた4人,北浦をまたぐ橋を渡っていて橋ごと車ごと落ちた人もいたなあ。他県では三ケタ以上の被害が出ている地震でも,茨城県内ではこれくらいの犠牲で済んでます。


 なぜ?

 

    f:id:xjino:20200723155823j:plain
 ここからは素人である私の勝手な推論です。他県から来て茨城の地震に驚いている人にこう説明しています。


 そもそも地震とは,プレートの動きによるひずみが地殻に少しずつ溜まっていって,とうとう耐えきれずに岩盤が崩壊・移動して起こるもの。ひずみのエネルギーがどれだけ溜まったか,どれだけ岩盤が壊れたかが地震の大きさです。


 これが茨城では溜まらない。

 

        f:id:xjino:20200723155856j:plain
 ひずみのエネルギーが少し溜まるとすぐに岩盤が動く。ちょっと押されればすぐ揺れる。これが茨城で頻発する小地震。エネルギーが蓄積されることなく小刻みに放出されるので,地震にならない


 専門家が聞いたらそんな単純なものではないと怒り出しそうですが,そんなもんじゃないの? 少なくとも一般の人たちはこの説明で納得してくれます。東日本の時には揺れたじゃねえかと文句言われましたが,あれは地震が大きすぎたんだってば。


 東京・神奈川にこの1か月震源地震はありませんでした。静岡から高知・宮崎,すなわち南海トラフ沿岸も地震活動はごくわずかでした。それで安心できますか。…… 本当に,常在戦場の心構えで備えていてください。


 さて。


 どうです? 地震で死にたくない方,茨城に住みたくなりましたか。でもお勧めしません。だって東海第2原発があるから。


 地震だけに限りません。某国や某国や某国のミサイルの標的でもあるんです。これがどうにかなれば,国内最大規模の避難民が発生します。故郷を離れ,遠い遠いところで骨を埋めることになります。私も,多くの県民も,それを覚悟しながら生活しているのです。

 

 結局,日本に安全な場所はない。覚悟と備えを忘れずに。…… ということでしょう。

 

 


 過去の地震の県別被害統計をお知りになりたければ,「日本の地震地図 決定新版」岡田義光 東京書籍 をご参照ください。ちょっとした図書館なら置いてあるはずです。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

光球面見ゆ レイリー散乱伴いて

 

f:id:xjino:20200719221931j:plain


 晴れた。そして久しぶりの休日です。


 昨日までの3日間,茨城では「やませ」とは言わないのだけど海からの冷たい東風が吹きつけて季節が3か月ほど戻った気分でした。特に昨日は仕事で日立に行って,ずっと外仕事。湿った東風は山がそそり立つ街の中で雲になり,霧雨なのか雲中なのかわからぬままに体を濡らし続けました。ああこういうのを煙雨というのかな,多少の楼台煙雨のうち,とかの。


 土日が仕事でずっと潰れていたゆえに体も不調でした。土日にエーテルを補給して仕事で消費するというサイクルを乱されるのが何よりつらい。


 今日一日は,思うがままに。


 まず伸び放題の髪を切りに行ったのですが,店を出た時の風のにおいが,夏の海辺の町の朝を想起させました。涼しい中に生命の気を含んだ,光のエネルギーに満ちた風。たちまち潮風が懐かしくなって,道をまっすぐ東へ,海へ。

 

   f:id:xjino:20200719222042j:plain
 海辺のハマナスの実がもう赤く熟していました。

 

f:id:xjino:20200719222105j:plain
 砂浜にはハマグリの稚貝がびっしり。

 

f:id:xjino:20200719222120j:plain
 潮干狩りをしていた家族がヒラツメガニを捕まえていました。ここらではポピュラーな食用ガニです。

 

f:id:xjino:20200719222132j:plain

            f:id:xjino:20200719222141j:plain
 いい……! この木,いい。珪化木になりきってないけど,この崩れ具合がいい。ああ持ち帰りたい。


 たっぷり潮風を吸って帰宅しました。庭の手入れもせねば。

 

f:id:xjino:20200719222312j:plain
 クサボケにイラガ。以前に記事にしたヒロヘリアオイラガ。なんでも食べます。チクチク刺してきます。一片の同情も感じることなく駆除できる数少ない虫です。

 

f:id:xjino:20200719222332j:plain
 アタマ隠してトゲ隠さずってか。

 

f:id:xjino:20200719222350j:plain
 たぶん上にあるスイカズラから落ちたんだろうけどリンゴカミキリの一種。

 

f:id:xjino:20200719222404j:plain
 いろいろと文句ありそうな顔してますが,カミキリは生木の材を食べるのでこれも同情は禁物です。

 

f:id:xjino:20200719222423j:plain
 昨年の洪水のとき拾った殻付きのクルミを土の上に転がしておいたらいい塩梅に。でもこの上をダンゴムシやワラジムシがはい回っていていたかと思うと,食べる気がしません。

 

f:id:xjino:20200719222442j:plain
 太陽が光球面を輝かせ,その光がレイリー散乱で碧空の青となりました。今週は3日頑張れば4連休! 何をしようかと今からほくそ笑んでおります。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

シーグラス(ビーチグラス)を拾う話

 

   f:id:xjino:20200712231711j:plain


 ビーチグラス,シーグラス,どちらが正しい表記なのか。ウイキペディアでは「シーグラス」が項目名になっていたので,以後はそれで統一します。海岸や河原で拾える,摩耗したガラスのかけらのことです。

 

    f:id:xjino:20200712231733j:plain
 昔からの読者の皆さまなら,私が海岸に出るたびに拾っていたのを憶えておいででしょうか。はい想像してください,おっさんがふんふん言いながら海辺でビーチグラスを拾っている図を …… 妖怪だよ,ほぼ。

 

f:id:xjino:20200712231802j:plain

f:id:xjino:20200712231812j:plain
 さて茨城は日立の初崎海岸。そう昨年「高温石英」を求めて私が出没した浜です。ここで砂を採取して高温石英を選り分けていると,色とりどりのシーグラスが目についてしまいました。

 

f:id:xjino:20200712231847j:plain

f:id:xjino:20200712231858j:plain
 透明な高温石英にちょっと混ぜたら良い色味になるな,とやってみたらそこそこキレイで,ブログでもご紹介したものです。

 

 最近その初崎海岸に出るたびにシーグラスを拾う方々にお会いします。ひょっとしてここ,有名になりつつある? 私のせいじゃないよね? そういうのは久慈川メノウで随分地元に迷惑かけたので。

 

f:id:xjino:20200712232129j:plain
 いや実は私も,ここのシーグラスが楽しみではあるのです。小さく摩耗したザラメ以下の大きさのが多いけど,色がとにかく多様なので。赤,青,緑,黄,薄紫,茶,黒。集めると本当に宝石箱みたいです。

 

f:id:xjino:20200712232149j:plain
 ネットの写真検索で「シーグラス」を引くと,海岸の砂の大部分がシーグラス,てな所もあるようなのですが,これ本当だろうか? 初崎海岸はそんなのに遠く及ばないので,期待して来ちゃだめですよ。まずは皆さんのお近くの海で探してみるのがよろしいかと。


 拾い物ネタならなんぼでも出るなあ,わし。

 

 

↓ よろしければポチッと 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ