ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

オルソクォーツァイト,はるかなる砂漠の記憶

 

    f:id:xjino:20191113202458j:plain

 なんじゃこの石,と思われるでしょう。これ,オルソクォーツァイトと言います。久慈川で拾いました。いやまたかとか言わずに。


 夏に地学の先生たちの巡検に参加させて頂いた時のこと。福井県から石川県にかけて,そのスジで有名な「手取層」の恐竜化石がテーマでした。手取層の名は当地を流れる「手取川」からでしょう。


 最終日にその手取川の河原で石拾い,という研修がありました。モノ知らずの私はただ茫洋と河原を歩いたのですが,地学の専門家さんたちには目的があったようです。


 それがオルソクォーツァイト


オルソ  →「正しい」とか「ゆがみがない」
クォーツ → 石英
アイトite → 石


 で,オルソクォーツァイト。「正珪石」なんて和名もあります。


 なんとこの石,原料は砂漠の砂なんです。


 砂漠の砂って,ほとんど石英だって知ってました? 鉄分のせいで赤くなってたりしますが,ほぼ石英の,丸くて大きさの揃った粒。理由は簡単,他の鉱物,長石とか輝石とかは,風化作用の結果消滅しちゃうんです。ホコリになってどこかに飛んで行ってしまう。あとに残るのは硬い石英だけ。この砂漠の砂こと石英がそのまま地下深くに埋没し岩石になったもの,それがオルソクォーツァイト。要するに砂岩なんだけど。世界各地,かつて砂漠があった場所に普通に見られる岩石です。考えてみると,本格的に生物が陸上に進出する4億年前より昔は,陸地は基本的に砂漠だったわけで,珍しいものであるはずがない。最も古いオルソクォーツァイトには23億年前というのもあるそうです。どんだけ昔だ,それ。


 しかし日本にオルソクォーツァイトの地層はありません。これも理由は簡単,日本のある場所は常に大陸の隅っこで海に沈んだり浮かんだり,大陸砂漠なんて有りようもない。しかも地殻変動が激しくて古い地層なんかそのままでは残らない。茨城県の日立に日本最古というカンブリア紀の地層がありますが,徹底的に変成作用を受けちゃって元が花崗岩だなんて言われても片鱗もありません。


 じゃあ何で手取層に?


 じつはこれ,その場で出来たものじゃないんです。手取層は現代でいうナイル川とかアマゾン川レベルの大河の堆積物。中生代にそんな大河があって,上流にかつて砂漠だった場所があって,そこのオルソクォーツァイトが砕かれて流されて大河の下流に恐竜の骨なんかと一緒に堆積した。つまり「河原の石」,礫れきです。それがまた埋没して礫岩という岩石の一部になって,その礫岩がまた川に砕かれて流されて,礫がまた礫になる。それを地学の先生たちが拾う。


 で,さらに言うとこの礫岩,手取層だけでなく,日本各地に中生代の地層として存在します。そうこの茨城県にも! 那珂川にも久慈川にも! 拾えちゃうのだ!


 あーこらこら,ここまでちゃんと読んでる? おじさんのウンチクには素直に耳を傾けるのが礼儀ってもんだぜ。とはいえさすがに退屈でしょう。図示しますね。


はるか大昔
遠い大陸のどこか

f:id:xjino:20191113202844p:plain
① 砂漠がありました


f:id:xjino:20191113202906p:plain
② 堆積した石英が地層になりました


ここらから中生代
大陸のはしっこ

 f:id:xjino:20191113203024p:plain
 ③ 地層が川に浸食され

 

  f:id:xjino:20191113203043p:plain
 ④ 下流に流され


  f:id:xjino:20191113203132p:plain
 ⑤ 礫岩になり


ここらから新生代
日本列島になる場所

   f:id:xjino:20191113203248p:plain
   ⑥ いろいろあって


ここから現代

    f:id:xjino:20191113203417p:plain
    ⑦ 久慈川に浸食され


     f:id:xjino:20191113203458p:plain
     ⑧ ジノさんが拾う


 わかった?

 


    f:id:xjino:20191113203631j:plain
 まあ本当にオルソクォーツァイトかはともかく,透明感があって握り心地がいいのですっかり気に入って


    f:id:xjino:20191113203655j:plain
 磨いたらさらに透明感が出ていい感じになりました。

 

f:id:xjino:20191113203733j:plain
 本当に握り心地がいいんです。持ち歩いてみようかな。機会があったら触らせてあげるね。

 
 オルソクォーツァイト。遠い遠い昔の,はるかなる砂漠の記憶。私の掌に包まれるまでに,何億年の日月をかけたことか。語ってほしいものです,その長い旅路を。

 

 

 


おまけ

f:id:xjino:20191113212302j:plain
 夏の手取川で私が拾った石。何じゃこりゃ,と若ハカセに見せたら流紋岩だって。調べると確かに「顆粒流紋岩」というモノらしい。


f:id:xjino:20191113212324j:plain
 赤い部分,ざくろ石です。まさかこんな形で相まみえようとは。

 

 

↓ ポチッとお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

袋田の滝,今年の本気

 

   f:id:xjino:20191113132317j:plain

 

f:id:xjino:20191113132344j:plain

 11月12日の袋田の滝,どーん。


 最初に申し上げておきます。今年の紅葉,鮮やかさに欠けます。


 前の記事であと一週間から十日,と申し上げました。8日経ってたまたま休暇が取れたので,確認に行きました。で結論,上記の通り。


 夏の初めの天候不順とか,秋の高温やら大雨やら。だいたいこういうときは紅葉がいまいちなのですが,そう言えば昨年も同じ状況で紅葉がパッとしませんでした。これから毎年こうなのかなあ。


 袋田の滝の紅葉と言えば,第二展望台から見た絵の,滝の手前に差し掛かる一本のカエデの鮮やかな赤が大きなポイントなのですが,今年はそのカエデが紅葉せずに枯れ落ちるそぶりです。あと一週間でどうなるか。


f:id:xjino:20191113132539j:plain
 それでも滝の上には真っ赤なのが。どうしても樹種を確認しなければ。そうです,また滝の横を登ります。最初からそのつもりで来ました💛

 

f:id:xjino:20191113132607j:plain
 観瀑台の上のイタヤカエデ。まだ緑ですが,ちゃんと黄葉するかどうか。


f:id:xjino:20191113132638j:plain
 途中の「恋人の聖地」のイロハカエデはいいあんばいに紅葉。

 


    f:id:xjino:20191113132711j:plain
 ヒナウチワカエデ?の実生。春に種子から芽生え,必死に二枚の葉を広げました。これから最初の冬を迎えます。元気に育てよ。


f:id:xjino:20191113132750j:plain
 イタヤカエデ。やはり黄葉せずに枯れ落ちてます。カエデ類では他にウリハダカエデがあるけど,やっぱりパッとしません。カエデに元気がないと,紅葉には痛手です。

 

f:id:xjino:20191113132810j:plain
f:id:xjino:20191113132817j:plain
 とはいえ,向かいの山もそれなりにキレイ。

 

f:id:xjino:20191113132841j:plain
f:id:xjino:20191113132850j:plain
 滝ごうごう。


  f:id:xjino:20191113132922j:plain
 本日も晴天なり。我がイベントに雨雲なし。


f:id:xjino:20191113133053j:plain
f:id:xjino:20191113133033j:plain
 生瀬の滝。


f:id:xjino:20191113133141j:plain
 高度が上がると赤く色づいた木が林内に現れ始めました。コハウチワカエデ。これだけはいつも通りに紅葉してくれてます。あの滝の上にあった赤いのもたぶんこの種です。


 f:id:xjino:20191113133159j:plain
 陽が当たると一層輝きます。


f:id:xjino:20191113133225j:plain
 例年通りの美しさ。いつも通りとか不惑とか安定の,とか。変わらぬことに価値のあるものはこの世にいくらでもありますよね。「改革」と称して波風立てて仕事した気になっている人たちに,少しは見習ってほしいものです。


f:id:xjino:20191113133255j:plain
 わかってます。紅葉は木々の冬支度。人の都合とは無縁の,生命の炎の揺らぎ。ひと時の装い,いのちの相変異。


f:id:xjino:20191113133350j:plain
 他の樹種も頑張ってます。これはヤマボウシ

 

f:id:xjino:20191113133448j:plain
f:id:xjino:20191113133457j:plain
 こんな気候でも毎年変わらず黄葉してくれます,ダンコウバイ


f:id:xjino:20191113133531j:plain
 数の少ない小木ですが,コマユミ


f:id:xjino:20191113133716j:plain
 稜線まで出ると


f:id:xjino:20191113133737j:plain
 リュウノウギクが咲いてました。このあたりでは珍しいものです。葉をもむと良い香りがします。


f:id:xjino:20191113133757j:plain
 向かいに見えるは生瀬富士。なんか先週とあまり変わってないような。

 

f:id:xjino:20191113133825j:plain

f:id:xjino:20191113133852j:plain
f:id:xjino:20191113133900j:plain
 というわけでこの秋の袋田の滝。カエデ類が不調ですが,他の樹種の頑張りでそれなりの本気を見せてくれてます。

 

f:id:xjino:20191113134002j:plain
  次の週末こそ見頃です。どうぞおいで下さいませ。

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

2019年11月4日,袋田の滝の紅葉情報

 

    f:id:xjino:20191104220046j:plain

 

 ありえないことです。この私が紅葉の季節の袋田の滝にいるなんて。


 いつものリンゴ買いだけのはずでした。混雑する前にと朝8時半に水戸を出発。それでも紅葉の季節の国道118号は絶対に混むので山一つ東側の国道461号を北上しました。


f:id:xjino:20191104220134j:plain
 おなじみ袋田の「豊田りんご園」。台風19号の時の流木が入口の橋に引っ掛かったままです。


f:id:xjino:20191104220152j:plain
 手前の「花嫁」という品種が小さくて真っ赤で,ほんとに可愛らしかったなあ。


 買い物は済みました,さてどうしよう。リンゴ園の周囲は紅葉もこれからというところ。峠の向こうは袋田の滝。まだ人出は少ないかな …… 滝に行ってみようなんて気になってしまった,さあ大変。


 これまで何度も申し上げてますが,混雑とか渋滞が大嫌いなんです。だから紅葉の大観光地・袋田の滝なんてこれまで近づく気になったことはありません。でも,まだ午前十時で,しかも滝まで車で10分ほどの場所にいて,なんとか行けちゃうかな,なんて。


f:id:xjino:20191104220250j:plain
 滝入口の有料駐車場にあっさり入れてしまった。観瀑トンネルにも並ばずに入場して,観瀑エレベーターにも並ばずに乗れて……


   f:id:xjino:20191104220306j:plain
          どおおおん


f:id:xjino:20191104220332j:plain
          どおだああ


f:id:xjino:20191104220356j:plain
 特に西日本の人たちはこの大瀑布をご存じないようですね。断言します。日本三名瀑の一つであると。那智,華厳に知名度では後れを取ろうとも,迫力では負けてないと自負しております(私が)。実際に「日本の滝百選」の投票では1位になりました。


f:id:xjino:20191104220437j:plain
 確かに紅葉の最盛期には一週間から十日ほど早いようです。手前にあるカエデが赤く染まり,滝の両側の木々が錦織りなす瞬間に来れたならもう絶景そのもの。

f:id:xjino:20191104220538j:plain

 

f:id:xjino:20191104220609j:plain
 やめましょうよこういうの。恥ずかしいったら。


 f:id:xjino:20191104220714j:plain
 でもこういうのは好き。


 ちなみに袋田の滝の正しい鑑賞法は


  トンネルから入る
     ↓
  エレベーターで上る
     ↓
  第二観瀑台から写真撮影
     ↓
  エレベーターで下る
     ↓
  第一観瀑台でしぶきを浴びる
     ↓
  つり橋に抜ける

         …… です。


f:id:xjino:20191104220904j:plain
 第一観瀑台から。どこかのご家族失礼します。ここは人も写さないと雰囲気が出ない。


f:id:xjino:20191104220940j:plain
 水量やや多めで見ごたえあり。

 

f:id:xjino:20191104220958j:plain
 つり橋。


f:id:xjino:20191104221016j:plain
 つり橋からの眺め。


f:id:xjino:20191104221114j:plain
 多くのお客さんはこのまま帰るのですが,ここで絶景情報。つり橋を渡ったところにまるで軍艦のラッタルのような鉄製の急階段があります。


f:id:xjino:20191104221137j:plain
 実はこれ,滝の横を滝と同じ角度で上っていくんです。


f:id:xjino:20191104221044j:plain
 途中から石段になります。よく作ったもんだ。


f:id:xjino:20191104221216j:plain
 木の間ごしに滝ごうごう。


f:id:xjino:20191104221241j:plain
 観瀑台からは見づらい,袋田の滝の一段目。


f:id:xjino:20191104221311j:plain
 観瀑台あたりからの標高差が百メートルにもなると気候帯が変わります。気温が下がり,樹種が落葉樹主体になって…… 最盛期には紅葉のトンネルに。


f:id:xjino:20191104221328j:plain
 向かいの山肌もじきに一面の赤や黄色に染まります。


f:id:xjino:20191104221346j:plain
 気の早いハウチワカエデが赤くなっていました。


f:id:xjino:20191104221408j:plain
 周囲のササが枯れて見通しが良くなってます。このササ,正しくはスズタケというのですが,数年前に一斉に花を咲かせて枯れました。林床に光が入るようになり,他の植物が成長します。


f:id:xjino:20191104221432j:plain
 さらに上流にも滝。生瀬滝なませのたきと言います。普段着と普段の靴でうっかり来てしまった方はここらで引き返しましょう。


 f:id:xjino:20191104221516j:plain
 石段は続く。崩れているところもありますからね。


f:id:xjino:20191104221603j:plain
 高度は上がり


f:id:xjino:20191104221627j:plain
 稜線に出ます。ここまで来るにはやはり登山の装備と覚悟が必要です。


f:id:xjino:20191104221652j:plain
 とにかく絶景。紅葉ならその百倍絶景。山の名は生瀬富士なませふじ


f:id:xjino:20191104221728j:plain
 この稜線,先日の記事(奥久慈の紅葉/男体山 - ジノ。)で紹介した棚倉断層のふちです。道はこのまま月居山つきおれさんを越えて遥か男体山,さらにその向こうまで。トレイルランニングのコースになってます。ぶっ通しで歩いたことは,私にはありません。


f:id:xjino:20191104221750j:plain
 ツクバネの実が生ってました。こういう稜線によくある植物で,名の由来は羽根つきの羽根「衝羽根」。くるくるとヘリコプターのように回りながら落ちます。


f:id:xjino:20191104221937j:plain
 紅葉の袋田に行った。個人的には武勇伝になってしまいます。そうか,地の利を生かして早い時間に来れば良かったんだ。


 帰りは渋滞を避けるため猪ノ鼻峠を越えて国道349号を通ります。快適な茨城のワインディングロード。


f:id:xjino:20191104221958j:plain
 リンゴを大量購入しました。こんだけ買っても5千円。生食,ワイン煮,りんごジャムで秋の実りを堪能します。ああ,幸せだ。

 

 

↓ 関連リンクです

リンゴ園とケーキ屋と 茨城激走5000キロ!(うそ) - ジノ。

茨城県北芸術祭5 最終回 大子からガルパン聖地を経て袋田の滝へ - ジノ。

 

 

↓ ポチッと。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

英語外部試験とシンゾーくん

(この記事は私が執筆を予定している「ボンボン首相一代記」という小説の一篇,そのストーリーボードです。実在する人物・組織には何ら関係いたしません)


(いつもの読者の皆様へ 今回はかなり毛色の変わった政治的というか教育的というか,そんな内容です。別人が書いてると思って無視してくださいませ)

 

f:id:xjino:20191103222037j:plain

 

 ここに一人の政治家がいました。名をシンゾーくんと言います。


 代々続く政治家の家系で,もちろんお金持ち。必死で努力したことも食うに困ったこともありません。与えられた役割さえ演じていれば安泰です。野党が粒ぞろいのせいか血筋のおかげか,どんな失策をしても選挙には勝ってしまうので外国の政治家からは気味悪がられています。


 2012年,シンゾーくんは無事総理大臣になりました。すると父祖の代からのタニマチすじ,財界の方々からお呼びです。


「これ,シンゾー」
「へへえっ なんでございますか長老さま」
「お前を総理大臣にしてやったのは,この国をわれら大企業の楽園に作りかえさせるためじゃ。わかっておろうの」
「なんでも仰せのままに」
「最近一流大学出のやつを採用してもさっぱり役に立たん。この国の高等教育はどうなっておる」
「しかし大学生が遊んでばかりで役立たずなのはこの国の美しい伝統ではございませんか」
「大学の学者なぞに教育はできん。高校生で役に立つのが大学に入れるようにしろ」
「役に立つと申しますと」
「すぐにビジネスに使える奴ということじゃ。まず英語は文法なぞいらん。文学などもってのほか。ほれなんだあの,エーケンとか持っていて会話ペラペラのヤツが大学に入れるようにしろ。国語もじゃ。源氏物語? 夏目漱石? いらんいらん。そんなもん商売の役に立たん。契約書とかビジネス文書が読めればいいのじゃ」
「そのようなことは入社してからの社員教育で対処していたのでは」
「コストの無駄じゃ。ワシらの会社の利益に繋がるように。シンゾー,頼んだぞ」
「へへえ」


「おい文科役人」
「なんでしょう」
「長老さまがかように仰せである」
「わかりました。こちらの言うことを聞きそうなボンクラどもを集めて,テキトーに言いたいこと言わせて,最後にこちらの資料通りの結論を出させて形にしましょう。会議の名称は…… 教育は危機的状況である,という認識をデッちあげて改革の必然性を演出できるよう『教育を再生させちゃうぞ会議』としましょう。こいつらに『提言』させて『チューキョーシン』で後追いさせて」
「ことほど,さように」


「さあ自称文化人ども,打ち合わせ通りに,せーの」
「小学校から英語! 大学ではカネになる研究だけさせる! すべての学校のすべての授業をアクティブラーニングに! 大学受験は推薦重視で! 高校での活動記録を大学に提出! 高校の国語から文学を無くす! 受験の英語は外部試験だけ! 現場無視! 計画行政! 独善主義!
「よくできました」


「ぐへへ,お役人様」
「これは。顧客データ流出で屋根の傾いた受験業者ではないか」
「お役人様,うかがっておりますよ。ボンボン総理の無茶ブリと,現場を知らない学者どもの能天気な絵空事を」
「これ声が大きい」
「私共にはすべてをお手伝いする準備がございます。どうかお任せくださいませ」
「ことほど,さように」


 2019年,いよいよ英語外部試験の実施が来年度に迫りました。


「英語外部試験,費用の事とか問題になってますが」
「1万円ぽっちの受験料が払えない者がいるというのか。食うに困ったことのない私には理解できん。決定事項だから押し進めよ。そうだ手下のデブメガネを文科大臣にして文科省に睨みを利かせよう」

 


(困った。商人と学者と役人の言うとおりに進めたけど,無理じゃんこれ)


(おかしい。偏差値的に優秀なボクが考えた道筋がなぜかうまく回っていない)


(マスコミどもが気付き始めた。ワイドショーのネタになったらまずいぞ)


(話がここまで進んではやめるにやめられん。それが政策というものだ)


(大変だ,役人の言うとおりに準備して予約金まで集めたが,このままではウチは大損だ)


(ひと儲けするつもりがなんかキナ臭いぞ。もう少し様子を見よう)


(この3年で仕事が5倍になった。これまで通りにセンター試験だけならルーティンワークで済んだのに)


(学者どもめ,現場も知らずに夢物語押し付けやがって)


(役人め,ろくでもないこと思いつきやがって)


(役人の言う通りに結論出したら,妙なことになってきたぞ。俺の経歴に傷がつかなきゃいいが)


(シンゾーめ)


(シンゾーめ)


(シンゾーめ)


(長老め)


(ああ誰か一発かましてくれないかなあ)


「外部試験,貧乏人は麦を食え」


「よく言ったデブメガネ」
「でかしたデブメガネ」
「よし非難ごうごう,これで中止にできる」


「中止に…… いや中止と言い切っちゃうといろいろあるので,延期にします」


「ああこれまでの心労は何だったんだろう」
「ああこれまでの残業労働は何だったんだろう」
「ああこれまでかけた数億円は何だったんだろう」
何だったんだ,この7年


 シンゾーくんのひと言から,多くの人が奔走し,悩み,残業し,ヒーヒー言っちゃいました。みんなが振り回されました。エーケン協会も大学ニューシセンターもみんな被害者です。結局誰も得することにはなりませんでした。いや唯一,高校生たちはこの愚行から危機一髪逃れることができて,まあ得したのかな。大人たちの乱痴気騒ぎも楽しめたし。


 さあ主人公シンゾーくん,落ち込んじゃいけないよ。無くなったのは英語外部試験だけ。あとの施策はみな残ってます。シンゾーの名を教育史に残すのだ。頑張れシンゾー。負けるなシンゾー。

 


追記
 もしこの文章を30年後に読むひとがいたなら。そちらの時代では,日本人は自然科学系のノーベル賞取れてますか? …… ああやっぱり。それはね,30年前にシンゾーという総理が大学で基礎研究をできなくしちゃったからですよ。覚えておいてくださいね,この政治家の名前を。

 

 

 

 ↓ ええ,季節も花もないのは承知してますがポッチがあればうれしいと

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

2019年11月3日,今日の鶏足山のお花とか

 

    f:id:xjino:20191103204839j:plain

 久しぶりの鶏足山です。お花の写真とかです。

 

f:id:xjino:20191103204902j:plain
 朝9時少し前に到着。と見る間に駐車場が埋まってしまいました。あと1分のんびりしてたら停められなかった。


f:id:xjino:20191103204936j:plain
 周囲は青々と茶畑。


f:id:xjino:20191103204956j:plain
 台風からもう3週間経っているというのに,川は増水したまま。

 


   f:id:xjino:20191103205018j:plain
 あれれ。軽トラならずっと上まで行けたのに。


f:id:xjino:20191103205047j:plain
 道が。


f:id:xjino:20191103205126j:plain
 これ,道?


f:id:xjino:20191103205145j:plain
 何があった。


f:id:xjino:20191103205213j:plain
 み,道があぁ。


f:id:xjino:20191103205355j:plain
 表土もアスファルトも流されて岩盤がむき出しです。


f:id:xjino:20191103205422j:plain
 登山道の一つが通行止め。


f:id:xjino:20191103205441j:plain
 どうやらこのファミリーコースの沢からの鉄砲水が,道路をあんな有様にしたようです。


 気を取り直して,お花とかをお楽しみくださいませ。


f:id:xjino:20191103205507j:plain
 アカバナユウゲショウアカバナ科帰化植物。キレイだから外来でも許す。


f:id:xjino:20191103205528j:plain
 アキノキリンソウ

 

f:id:xjino:20191103205552j:plain
f:id:xjino:20191103205702j:plain
 日溜りに全草が紫色になったシソ科植物がありました。イヌコウジュです。


f:id:xjino:20191103205633j:plain
 オオイヌタデ。群れると見事。


f:id:xjino:20191103205731j:plain
 ガマズミが垂れ下がって見慣れぬ姿に。これも台風のせいか。


f:id:xjino:20191103205754j:plain
 ガンクビソウ

 


f:id:xjino:20191103205811j:plain
 畑の縁で,植栽のキクもきれい。


f:id:xjino:20191103205908j:plain
f:id:xjino:20191103205851j:plain
 今回いちばん花盛りだったのがコウヤボウキ。以前の記事(コウヤボウキを拾いました。高野箒です。 - ジノ。)が今でもアクセスを集めてくれてます。

 

f:id:xjino:20191103205930j:plain
f:id:xjino:20191103205938j:plain
 この山で初めて冬虫夏草を見た! コナサナギタケ。蛾の蛹から発生してました。


f:id:xjino:20191103210003j:plain
 ヒルガオ。水に洗われた川岸で持ちこたえていました。


f:id:xjino:20191103210026j:plain
 センブリ。胃腸薬として有名。

 

f:id:xjino:20191103210045j:plain
f:id:xjino:20191103210057j:plain
 タマブキ。「タマ」の名はこのむかごから。


f:id:xjino:20191103210124j:plain
 昨年もご紹介しました。ツルリンドウの実。


f:id:xjino:20191103210145j:plain
 ノハラアザミ


f:id:xjino:20191103210205j:plain
 マムシグサの実。


f:id:xjino:20191103210226j:plain
 この山ではおなじみミヤマシキミの実。猛毒ですよー。


f:id:xjino:20191103210245j:plain
 ミヤマフユイチゴ。これは食用可。


f:id:xjino:20191103210305j:plain
 キリンソウに似てますが,ヤクシソウ


f:id:xjino:20191103210332j:plain
 大好きな赤い実,ヤブコウジ


f:id:xjino:20191103210349j:plain
 ヤブランの実が黒熟してました。


f:id:xjino:20191103210407j:plain
 ユウガギク


f:id:xjino:20191103210429j:plain
 紅葉はまだまだです。今年の色づきはどうなるんだろうか。

 

 

 

 

↓ 関連リンクです

今日の鶏足山 - ジノ。

鶏足山。 富士と赤い実と笠間稲荷 - ジノ。

 

 

↓ よろしければポチっとお願いします 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

茨城の紅葉

 

f:id:xjino:20191027124508j:plain

 紅葉の名所なんてのは日本全国いくらでもあるもの。茨城においでくださいなんてうっかり言えない。


 それでも人に聞かれれば,ひたち海浜公園のコキアとか言ってみます。

 

f:id:xjino:20191027124524j:plain
 この写真は2014年の11月2日。盛りを過ぎていましたが,かえって人も少なく,コスモスがきれい。


 あと有名どころとしては高萩の花貫渓谷かな。写真がないのが申し訳ないけど,私が知る紅葉の県内観光地では最高です。一面の真っ赤なカエデのトンネルは絶景と言ってもいい。


 でも私は,いつも申しますが人の多い場所は苦手なもので,あえて紅葉を見に行くために名所観光に出かけることはありません。自然観察に行ったら紅葉キレイだった,みたいな。


f:id:xjino:20191027124640j:plain
 去年ブログ記事にしました。旧里見村の鍋足山

 

f:id:xjino:20191027124657j:plain
  f:id:xjino:20191027124715j:plain
 当たり年の紅葉の絶景は息を飲みます。これは2006年の11月26日。

 

 f:id:xjino:20191027124751j:plain
f:id:xjino:20191027124805j:plain
 これも自然観察や天体観測でよく行く里美牧場


f:id:xjino:20191027124853j:plain
 広い敷地内にはミズナラの巨木や

 

f:id:xjino:20191027124921j:plain
      f:id:xjino:20191027124914j:plain
 カエデの群生地が。2009年の11月12日撮影。


 水戸市内。市民でさえその存在を知らない田野市民運動,先日洪水の記事にした田野川の上流です。

 f:id:xjino:20191027125233j:plain
f:id:xjino:20191027125240j:plain
 ここに植栽されたモミジバフウの鮮やかで透明感のある色のグラディエーションは見事。今度真面目に撮りに行こう。この写真は2011年11月13日撮影。


 観光地は苦手と申しましたが,やはりこの時期にツイッターなどに上げられる高地や北辺の紅葉風景には心奪われます。本当はそんな絶景も見に行きたいのですが。


 昔,チョウセンゴミシという薬草を探して秋の長野県をうろついたことがありました。その時に撮った八ヶ岳・メルヘン街道のカラマツ。

f:id:xjino:20191027125327j:plain
 やっぱりこういう場所にはかなわない。

 


f:id:xjino:20191027125402j:plain
 秋冷の候。一瞬の彩の季節を終えて,すぐに冬がやって来ます。

 

 

↓ 関連リンク 

鍋足山へ 紅葉の頂きへ - ジノ。

 

↓ ランキングサイトです。よろしければポチッと。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

奥久慈の紅葉/奥久慈憩いの森


f:id:xjino:20191027122927j:plain

  奥久慈憩いの森というのは,かつて昭和天皇行幸し植樹祭が行われた所です。袋田の滝の上流,里美方面に抜ける猪ノ鼻峠の手前にあります。


f:id:xjino:20191027122942j:plain
 園内いたるところに石のモニュメント。あの時代,こういうのが流行りました。


   f:id:xjino:20191027123007j:plain
 森の専門家の私が見ても「感じ」がいい,不思議な穏やかさに満ちた森です。落ち葉の香りに身を包まれるこの感覚。


f:id:xjino:20191027123626j:plain f:id:xjino:20191027123634j:plain
 広大なうえに起伏が大きく,ちょっとした探検気分になれます。おやこれは何だろう,なんて。


f:id:xjino:20191027123825j:plain
 紅葉の美しい年でした。


f:id:xjino:20191027123840j:plain
 秋の終わりを告げる花,リンドウ。


f:id:xjino:20191027123855j:plain
 センブリ。同じリンドウ科です。


    f:id:xjino:20191027123917j:plain
 2010年の11月7日,今はもう揃うことのないメンバーで行った時の写真でした。あの時のみんなは,元気でいるだろうか。

 

 

 

 

☆ 2019年10月末現在,奥久慈憩いの森は台風被害のため閉鎖されているようです。お出かけの際はご確認ください。 

 

↓ ランキングサイトです。よろしければポチッと。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ