ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

化かされてざくろ沢

 

f:id:xjino:20210723155127j:plain
 今日もどかんと晴れた夏の日です。またフィールドにいます。


 前回の玉川で1か所行けないポイントがありました。一番大事な,他の方にはたぶん知られてないポイントです。

 

f:id:xjino:20210723155206j:plain
 サワガニがいたり

 

f:id:xjino:20210723155227j:plain
 ハリガネムシがのたくっていたり

 

f:id:xjino:20210723155256j:plain
 オオクチバスが取り残されてたり。清流でない代わりに生命にあふれる玉川です。

 

f:id:xjino:20210723155311j:plain
 ひとが来ない場所ゆえ,それなりに。ああクリーニングが大変そう。

 

f:id:xjino:20210723155333j:plain
 最近玉川に行くと,昼食は玉川村セイコマートで温玉肉丼を頂きます。木陰で風に吹かれながら食すのが何とも贅沢な気分です。安上がりに出来た人間ゆえ,些細なことが幸せなのだ。

 


 さて,フィールドは1日1か所が基本なのですが,今日はまだ時間も早く体力的にも余裕があります。よし,一つ久しぶりにざくろ沢でも覗いてみるか。

 

 

    f:id:xjino:20210723155058j:plain
 ざくろ沢に行く目的は今や「ラミエル磁鉄鉱」。3か所あるざくろ石ポイントのうちのただ1か所,しかも磁鉄鉱は局在していてうまくその場所を探し当てられるかというバクチ的要素も楽しみなのです。

 


 いつも通り林道の入り口に車を停め,長袖長ズボンにナタを下げた完全武装で林道を行きます。林道から沢まではいつもハードなヤブ漕ぎです。

 

f:id:xjino:20210723155532j:plain
 さあここからいつものポイントC,と慣れた足取りで降りてみたら…… あれ?

 

          f:id:xjino:20210723155929j:plain

 ここ違う! いつものポイントじゃない!

 


 化かされた…… 

 


 思わず呟きました。だってそうでしょう。ここざくろ沢は玉川同様私が隈なく踏査したフィールドです。ポイントを間違えるはずがない。


 ところがここでもう一つ思い違いをします。ここはポイントCよりも下流に違いない。あと少し遡ればポイントに着ける。このまま沢を遡っていこう……


 さあそれからが悪戦苦闘。ナタで藪を切り開き,倒木を越え,獣道を通って滝を巻き。

 

     f:id:xjino:20210723160019j:plain
 1時間あまり,涼しいはずの沢で汗だくになりながら上流を目指します。なんで上流へなどと根拠ない判断をしたのか,自分でもわかりません。やはり化かされていたとしか思えない。


 そして沢の傾斜が大きくなり急流が連続するようになって,ようやく気付きました。こんな上流にポイントはないと。


 冷たい水で顔を洗い,飲み物を流しこみ,落ち着いてみます。この上には林道があるはず。取り合えずそこまで登っていこう。

 

f:id:xjino:20210723160138j:plain
 幸いにしてヤブの薄い場所でした。

 

f:id:xjino:20210723160159j:plain
 こういう局面で必ず現れるのが冬虫夏草カメムシタケ。見守ってくれていると考えよう。

 

f:id:xjino:20210723160222j:plain
 で,ようやく林道に登り着きました。そこから入り口に戻る方向に歩いていったのですが,途中で本当のポイントCへの降り口を見つけました。驚いたことに,倍以上の距離まで林道を進んでから降りていたのでした。私には本当にあり得ない判断ミスをしてます。化かされた,ということで自己防衛しておこう。どうしようかと迷いましたが,改めてここから降りて少しだけでもパンニングしていきます。…… ヒグラシが鳴き始めました。

 


 玉川のついでにざくろ沢でも見てやるか,そんな不遜な性根を沢の神さまに見透かされていたのでしょう。フィールドをナメるとこうなるという見本です。反省しなくては。

 

 

f:id:xjino:20210723160357j:plain

f:id:xjino:20210723160423j:plain

f:id:xjino:20210723160436j:plain
 ともあれ久しぶりのざくろ沢,清く冷たい水が心の澱おりまで洗い流してくれました。神さまも機嫌を直してくれたようで,ちゃんと磁鉄鉱を授けてくれました。

 

f:id:xjino:20210723160454j:plain
 車まで戻って全身のクモの巣をはらっていたら,帽子に大きなクモを乗せてきてしまってました。巻き添えって奴でしょうか,ごめんね。

 


 コロナもオリンピックも,私のフィールド行脚にはなんの影響も及ぼしません。実を言うと給料は少し減りましたがもともと低コスト体質なのでどうということはありません。今日も一日遊ばせてもらって出したお金はコンビニ弁当 ¥600のみ。飲み物も安くまとめ買いしたものを家から持参したし。

 

 

f:id:xjino:20210723160540j:plain
 最後に,茨城ならではの壮大な空をご堪能ください。結局今日もいい日だったのです。

 

 

 

↓ よろしくお願いします。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

混ぜると危険,玉川メノウのクリーニング

 

       f:id:xjino:20210723081026j:plain


       もっと良い方法があればお教えください。

 

 


 我がタマシイのフィールド玉川は,正直言ってけっこう汚い。特に夏は。


 具体的には生物の遺骸つまり有機物とそれが分解された無機塩類が大量に流れてます。水が淀んでいるような場所ではそれこそ豊饒な生命のあかし,腐臭までします。

 

   f:id:xjino:20210723081229j:plain
 そのため川底に転がっていたメノウには様々なものが付着しています。トビケラやヒラタドロムシなどの昆虫,緑藻や珪藻といった藻類,そして表面を覆う細菌のシート。そんな有機的なモノに加えて見た目にも汚れていて,とてもそのまま手の平に乗せて愛でるわけには参りません。そこで…

 


     いでよ,混ぜると危険コンビぃぃい

 

 

      f:id:xjino:20210723081157j:plain
          どおおおおん

 

 

f:id:xjino:20210723081425j:plain
 バケツにメノウを入れて水を張り,塩酸系洗剤をかまします。

 

f:id:xjino:20210723081439j:plain
 しばし浸けたらよく水洗いし

 

f:id:xjino:20210723081547j:plain
 ワイヤーブラシでごしごし。あ,メノウの方が硬いのでご心配なく。

 


 軽く乾かしたら,次に塩素系洗剤で同様に。

 

 

f:id:xjino:20210723081621j:plain
 これでようやく舐められるレベルになります。いえ舐めません。

 

f:id:xjino:20210723081634j:plain
 ただ,ここまでしても凹凸部の汚れは取りきれません。これを,例えば化学的にすぱーっときれいにする方法などありませんでしょうかねえ。

 

 

 いえ,舐めませんてば。

 

 

 

 

↓ 掌編でしたが,よろしければ 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

玉川ざんまい,メノウにスッポン

 

f:id:xjino:20210720195417j:plain
 ヤマユリが咲いてました。何よりも雄弁に夏を告げます。


 梅雨が明けた模様です,と気象予報士が言った翌日気温が30℃を超え,アブラゼミとミンミンゼミとヒグラシが揃って初鳴きしました。クマゼミ? おらんそんなもん。


 その夏の初日土曜日は仕事で潰れたけど,夜は三太の湯に行けたし,いよいよ人生ン十回目の夏のはじまりです。今日一日はフィールドざんまいすると決めてました。どこへ?そりゃ玉川に決まっておろうが。あ,失礼。決まっておりますことよホホホ。


 どうもテンションがおかしい。何かあるぞ。


 とにかく今日は,玉川のポイントをなるべく多く巡ります。梅雨の最後の雨でまだ増水してますがいいんです。フィールドに浸かりに行くんです。メノウは採れなくてもいい。

 

f:id:xjino:20210720195517j:plain
 それでも最初のポイントで。小ぶりなものばかりですが幸先はいい。

 

f:id:xjino:20210720195531j:plain
 村田橋は必ず他の方と競合するので遠めに見るだけ。さっそく一組おられます。ここが有名ポイントなのは安直に車を停められるのも一因かと。その意味でも私は遠慮します。本当に迷惑な方もいて,トラブルのとばっちりを食ってはたまりません。

 

f:id:xjino:20210720195602j:plain
 フィールド遊びの鉄則なのですが,特に玉川では絶対に地元の方に迷惑をかけてはいけません。ここは純農村地帯,玉川は用水路。お百姓さんの領分です。トラブって道が閉鎖されたりしては元も子もありません。私はポイントまで多少歩くことになっても,無難な場所に停めます。あとはひたすら炎天下の歩き。頭上に夏の蒼天が広がります。暑いけどまあ夏だもの。

 

f:id:xjino:20210720195614j:plain
 そしてたどり着いたこのポイント,実はメノウはあまり採れません。メノウはとにかく軽い鉱物ですぐ流されてしまうので,玉川でも堆積する場所はごく限られます。

 

f:id:xjino:20210720195633j:plain
 これが玉川メノウの産状。こんな場所から崩れて流されていきます。… ちなみにコレは採取しませんでした。

 

f:id:xjino:20210720195648j:plain
 まあボウズというのも悔しいので珪化木を一つ。

 

f:id:xjino:20210720195756j:plain
 モクズガニの残骸。カニの甲羅があちこちに転がっているのをいぶかしんでいると,その先の水中に

 

f:id:xjino:20210720195809j:plain
 スッポン!


 これは驚いた。久しぶりに驚いた。茨城の野外でスッポンを見るのは初めてです。というか分布しているのか。調べてみると日本のスッポンは野生のものと養殖池から逃げ出したのと区別がつかず,そもそも自生なのか外来なのかもはっきりしない。私は漠然と,茨城にいるとすれば温暖な県南地方だろうなあなんて思ってました。こんな県北にいるなんて。肉食の性質が強いとやらで,カニの残骸はたぶんこの個体の仕業です。


 さて私はこのスッポンをどうすべきだったろうか。亀は鈍重と勝手に思い込んで,顔を接写しようとカメラを水中から近づけたら意外なほど身軽に泳ぎ去ってしまいました。スッポンは素早い。そうわかっていたならまず上から甲羅を押さえて捕まえていたのに。


 何はともあれ面白いものを見ることができました。あの淵にはスッポンがいると知り得ただけでも大戦果です。ナチュラリストの引き出し。また見にこようっと。

 

f:id:xjino:20210720195943j:plain

f:id:xjino:20210720195956j:plain

f:id:xjino:20210720200007j:plain

f:id:xjino:20210720200016j:plain
 さらに何か所か巡って,期待してなかったメノウもいくつか採れました。お昼もとうに過ぎて,玉川を堪能するひと時は終わりとしましょう。

 

f:id:xjino:20210720200029j:plain
 ヤブカンゾウが盛りでした。


 コンビニで遅い食事を済ますと,今度は久慈川メノウも気になります。何より信者の皆さまへの供物をしばらく供給していない。沢に行ってみよう。

 

f:id:xjino:20210720200054j:plain
 ここは久慈川左岸の沢。カジカガエルの涼やかな声が響きます。

 

f:id:xjino:20210720200110j:plain
 玉川とは比較にならない澄んだ水。何だかほっとしてしまいました。

 

f:id:xjino:20210720200123j:plain
 オオミズアオが死んでたりして。

 

f:id:xjino:20210720200141j:plain
 いっぱい採れた。富岡橋での供物とさせて頂きます。

 

f:id:xjino:20210720200154j:plain

f:id:xjino:20210720200207j:plain

f:id:xjino:20210720200218j:plain

f:id:xjino:20210720200230j:plain

f:id:xjino:20210720200248j:plain
 色の良いのや,久慈川では珍しい縞模様のある「瑪瑙」がありました。やっぱり今日はいい日です。

 

 

f:id:xjino:20210720200301j:plain
 最後にお見苦しいものを,今日の日焼け。二の腕までのが6月の外仕事で,そこから肩口までが今日の分。本当は日焼けなんかしちゃいけない年齢だけど,今年は肩まで真っ黒に焼くぞー。夏だー。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

東風の日に

 

 

         f:id:xjino:20210716192807j:plain


 朝から柔らかな東風が吹いていました。海からの冷たく湿った風ですが,私は嫌いではありません。今日は愚痴だけの記事です。


 6月からこっち,土日フルで休めた日がありません。特に土曜日が何かと仕事です。日曜日だけでは家庭生活をこなすのに手一杯,一日どっぷりとフィールドに籠るというか浸かることができないでいます。そろそろ限界です。


 そしてとうとう!次の土日は予定がありません。久しぶりの連休です。二日間たっぷり好きに使っちゃおう。わあどこに行こう。しばらくパンニングとかメノウ拾いとかに行ってなくて,鉱物系に禁断症状が出ています。よし!土曜は玉川でメノウ掘り夜は三太の湯に行って俗塵を払い次の日はざくろ沢で磁鉄鉱パンニングを存分に。おおなんか楽しくなってきた。鉱物ネタは人気があるので記事にもできる。充実した休日になるぞふゅふゅふゅふゅ,なんてニヤニヤしていたら,職場の若いのが来ました。高校球児だった時に夏の大会で場外ホームランをかっ飛ばしたという頑丈な体に,人に寄りそう介助犬のような思慮深さと優しさを備えた,私に言わせれば一流の男です。そいつが少し眉根を寄せた困り顔で無理に笑って,ふだんの歩幅の三分の一ほどでそっと近づいてきます。


 楽しい夢が終わったことを,その一瞬に悟りました。

 


 あの,  さん。次の土曜日,何かご予定はありますか。


 おお,予定がないのが私の予定だ。


 あ,あの,実は私もA君も急な出張が入ってしまって,こちらの仕事に穴が開いてしまって……


 わかった,任せなさい。

 


 …… ああ,笑顔の裏のぎゃああああという心の悲鳴を気取られることはなかったか。額に浮かんだ嫌なシワを,瞳をよぎった絶望の光を見られはしなかったか。この気のいい男に後悔なぞさせてはいけない。私は君が思うほど大きな漢おとこではないけれど,いつでも若い人を助けたいと思っているんだ。君の事情はよく知っているし,それは私にできる仕事だ。


 なまじ今の職場のほとんどの仕事の代役が務まります。役職を降りてヒマなのだからもっと便利に使ってくれていいのですが,みんな遠慮して,管理職には怖がられたりします。声を荒げるなんてもうずっとしてないのに。

 

f:id:xjino:20210716193322j:plain


 ずっと下っ端で良かったのに,ある時から不本意な役職に就けられるようになりました。本当は職場で平々凡々と過ごし,毎日定時で帰っては趣味に明け暮れる,そんな暮らしが理想だったのに。今日のような優しい東風に吹かれながら,シュールな夢を見ていられるなら幸せだったのに。どこで間違ったか。

 

 

 

     f:id:xjino:20210716193428j:plain


 読者の皆さまごめんなさい,記事の更新があまりできません。8月になれば余裕ができるので,それまでは場つなぎの記事でお許しくださいませ。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

ワクチン接種と梅雨の日々

 

f:id:xjino:20210711201534j:plain
 梅雨に入る前,最後に見た月と金星。いまごろどうしているのやら。

 

f:id:xjino:20210711201555j:plain
 煙雨に隠れる県庁。本当によく降る梅雨らしい梅雨です。

 

f:id:xjino:20210711201626j:plain
 展望室からの風景は白一色でした。


 そんな中少しだけ晴れた昨日,一回目のワクチン接種をしてきました。応援していた野球チームは負けました。


 ワクチンの方は,体育館の大規模接種会場が整然として手際が良かったのに感心しました。たくさんの市の職員とボランティアとお医者さんたちがみな自分の仕事を着実に,何よりこちらが恐縮するほど丁寧に立ち動いてくれました。私もなるべく丁寧に礼を言ってコトを済ませました。皆さんありがとうございます。

 

     f:id:xjino:20210711201703j:plain
 そうして帰宅した玄関先,アケビの葉の陰からから飛び立つものが。追ってみるとシオヤアブがなんとスズメバチを捕食してました。一般の人には知られませんが,日本の肉食昆虫で最強とも言われます。オニヤンマやオオスズメバチとは狩ったり狩られたりの関係だとか。梅雨のさなかでも我が庭の生命は逞しい。

 

f:id:xjino:20210711201755j:plain
 逞しいと言えばこのクチナシ。オオスカシバに丸坊主にされたりカイガラムシに覆われたり受難続きなのは過去の記事ですが,今年もちゃんと開花してました。

 

f:id:xjino:20210711201810j:plain
 オオスカシバもちゃんと産卵に来ています。ああ美しいなあ。今年もこいつとの闘いの日々が始まるか。クチナシを守らねば。


 で,今日。朝の体温は平熱より0.4℃ほど高くて,少し発熱したようです。まあ一回目ではこの程度。二回目のあとは38℃以上を覚悟しましょう。それだって一回目に抗体ができていた証拠,有難いと思わなくてはいけません。

 

f:id:xjino:20210711201857j:plain
 天候は不安定との予報です。雷雨になると。そう言われると出かけたくなるなあ。雷が鳴り始めるのを待って玉川パトロールに出発しました。おめぇさてはバカだろう。

 

     f:id:xjino:20210711201913j:plain
 え,これが玉川?と思えるほどの濁流です。やるときはやるなあ,玉川。

 

f:id:xjino:20210711201945j:plain
 田んぼの傍ら,藪の中にナワシロイチゴ。鳥にも動物にも見向きもされず,ただ濡れそぼっておりました。昔の人は雷が鳴ると梅雨明けだと申しましたが,明けるのかなあ。

 

f:id:xjino:20210711202002j:plain
 家のウメモドキも濡れそぼって梅雨明けを待ってます。


 とにかく一回目の接種が済みました。もちろん安心はできません。外国では一回目のあとの感染が多いそうです。安心してうかつに行動してしまうのでしょうね。体内に抗体ができるのは2週間後,さらにあと1回接種しないと定着しません。それまでは自重しよう…… と言っても私はもともと休日や夜に誰かと騒がなければメンタルを保てないような人間ではないので,さして行動が変わるわけでなし。とにかく他人に迷惑の掛からないように。これまでも,これからも。

 

f:id:xjino:20210711202025j:plain
 雨が上がって西空がきれいです。金星はどこだろう。

 

 

 

↓ 押すとコロナよけのご利益があります。ウソです。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

雨中タマゴタケ,御前山

 

          f:id:xjino:20210709214750j:plain


 雨の中,老若男女とり混ぜグループで御前山を歩いてきました。以前にもご紹介した,水戸近郊の自然観察地です。

 

f:id:xjino:20210709214845j:plain
 雨もまた佳し。山水画の世界が広がります。東山魁夷の手になる唐招提寺の壁画に,こういうのがありましたっけ。


 梅雨キノコがたくさん出ていました。とはいえキノコの同定は難しい。名のわかるものはほとんどありません。その中で

 

f:id:xjino:20210709214914j:plain f:id:xjino:20210709214941j:plain
 タマゴタケが豊作でした。これは良く名の知られた食用キノコで,暗い雨の森でも目立つので我々シロウトでも見つけられたというところです。

 

     f:id:xjino:20210709215115j:plain
 立ち上がったばかりの幼菌。どの時期をどこから見ても,赤という色の持つ力を見せつけてきます。美しいキノコは数あれど,他を圧する存在感ではこれが一番です。

 

f:id:xjino:20210709215150j:plain
 若い人も多く参加してくれたのですが,みなスマホがカメラです。若い人には今どきの高価で多機能なカメラは敷居が高いでしょう。スマホのカメラは写りも良く,すぐに友人とシェアできる。記録だけでなくその場ですぐにネット検索して確認してくれるのでこちらもありがたい。いい時代になったものです。

 

f:id:xjino:20210709215226j:plain
 そのすぐ隣で冬虫夏草カメムシタケを見つけた人がいました。さすが全員生物屋,みんないい目を持っていて私の出る幕がありません。

 

    f:id:xjino:20210709215250j:plain
 杉の幹に星を散らしたように白い微小キノコ。

 

f:id:xjino:20210709215319j:plain
 キノコはいわば「花」。これを咲かせた茎葉,つまり菌糸はここに至るまでどこでどうして暮らしていたのやら。

 

f:id:xjino:20210709215334j:plain
 毛むくじゃらのカタツムリ,オオケマイマイを見つけた若い人がいました。わあ初めて見た。若い人は本当に侮れない。

 

f:id:xjino:20210709215352j:plain
 この人はこのまま育てば面白いと私はアタリを付けてます。とにかく目がいい。案の定,今度は草の葉裏にいたオオムラサキの雌を見つけてきました。なぜそんなところに。

 

f:id:xjino:20210709215414j:plain
 メスとはいえキレイですねえ。オオムラサキは高いところをめっぽう早く飛ぶので,樹液の出る木以外ではなかなかそばで見られません。

 

f:id:xjino:20210709215512j:plain
 雨はしとしとと一日降り続きました。晴れ男の神通力も梅雨にはさっぱりです。うちのハマナスもこの湿気にはたまらず,花びらが水を吸っては瞬く間に散っていきます。我々ヒトも元来乾燥地の生まれなので高湿度はキツい。さて今年の雨季はいつまで続くのやら。


 明日はワクチン(1回目)を打ってそのままスタンドで野球観戦,といういささか常軌を逸した日程です。ワクチンを心配する人々にほぼケンカ売ってます。無事に一日が済みますように。

 

 

 

↓ ポチっとお願いします。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

ハバチとニジュウヤホシテントウ 【虫ですよ】

 

     f:id:xjino:20210704174409j:plain


         庭の菜園が盛況です。


 私はノータッチなのですが,我が家の食卓に上がる野菜の大部分はここから収穫されてます。家人は毎週NHKの野菜番組で勉強し,土作りから熱心に取り組んでます。もちろん無農薬です。ちゃんと連作障害まで考慮して作物を選ぶのだから大したものです。おかげで,例えば自分でわざわざ買うことのないソラマメなんて珍味を楽しむことができました。ナス,トマト,サヤエンドウ,インゲン,キュウリ,タマネギ,キャベツ,ハクサイ,レタス。もうすぐカボチャイカゴーヤも収穫できそうです。イチゴ類は何度も自慢させていただきました。都会や集合住宅にお住まいの方には申し訳ないけど,庭(家の敷地)面積が日本一の茨城県に住まうヨロコビってやつなのだ。


 しかし無農薬ということは,あらゆる生き物が住まうということで

 

f:id:xjino:20210704174532j:plain
 土の表面。ミミズのフンだらけ。土が生きている証拠です。同じ土中にはオケラも住んでます。この市街地ではすごいと思う。

 

f:id:xjino:20210704174547j:plain
 ラディッシュ(二十日大根)の葉がぼろぼろ。私に出動命令が下りました。

 

f:id:xjino:20210704174606j:plain
 犯人確保。カブラハバチ類の幼虫です。肉食のイメージが強いハチ(膜翅目)の類ですが,その原初形は実は草食なんです。ビロード状の皮膚が不気味な黒いイモムシ。揺らすとぽろぽろと落下して逃げるので手を焼きました。

 

f:id:xjino:20210704174638j:plain
 続いてジャガイモから被害報告が。こりゃひどい。黄色い毛虫がいる,あれはきっと恐ろしい毒虫だから駆除せよと,なんだか既視感のある指令が下ります。

 

f:id:xjino:20210704174654j:plain
 犯人確認。なるほど,シロウトが見たら戦慄するであろう容姿ですが実は無毒,これはテントウムシの幼虫なんです。これまた例外的な草食のテントウムシ,もちろん害虫である。

 

f:id:xjino:20210704174715j:plain
 見るからに悪そうな虫ですねえ。近似の2種類があってそのどちらかなのですが,この時はちょうどジャガイモが収穫期で,種類の確認をしないまま土に埋めてしまいました。


 と思ったらすぐに成虫がトマトに付きました。今度は駆除します。近似の2種と言いましたが驚くべし,両種が一緒にいました。オオニジュウヤホシテントウニジュウヤホシテントウ,ともにナス科作物の大害虫です。

f:id:xjino:20210704174806j:plain
 どーん。いるわいるわごそごそと。

 

f:id:xjino:20210704174819j:plain
 左がニジュウ,右がオオニジュウ。ニジュウの方は南方系で,年平均気温14℃以上の土地に現れます。え? 水戸は13.6℃のはずじゃあ…… 調べ直したら,気象庁最新データで最近30年間の平均気温が14.1℃になってました。おいおいいつの間に。これも温暖化ってやつか。気候の境界線とともに,害虫も北上するんですね。

 

f:id:xjino:20210704174906j:plain
 独特の食べあとを残すのですぐ所在が知れます。これからはこいつとも戦うことになるのか。

 


 この庭の構成メンバーが増えたことを喜んでいる自分がいたりして,少し複雑な気分です。何しろ,この土地の作物を食べて生きる者どうしです。同じ血肉を持つ者,なんて大げさに過ぎますか。…… 漫画家・漆原友紀の代表作「蟲師」に,産土うぶすなというものが出てきます。その土地の土に含まれ,作物に吸収され,その土地に生まれた者に生命力を賦活する形のない生命体です。人は産土があって初めて健康に暮らすことができます。

 

 同じ産土に生かされる者。このささやかな庭,私の小さな王国は同じ命を共有する共同体であると私は思ってます。でも害虫は駆除ね。

 

 

 

 

↓ 既視感のある記事。

ルリタテハ現る 【イモムシ毛虫GO!】 - ジノ。

うちのお庭のベリーベリーベリー - ジノ。

 

 ↓ よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ