ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

王の冠 ただし千六百年前の

 

    


 考古学者という人生の選択もあったかもしれないジノ。です。まあロクな学者にはなれなかったろうけど。


 考古学者うんぬんの話は最後にリンクを置いときます。少年の頃から、縄文時代古墳時代の遺物に興味があるのです。茨城にはこの二つの時代の遺跡が多いもので。… そんな私のような県内の考古学趣味の者の間で特に名を知られた古墳、それが

 


    三昧塚 さんまいづか          行方市HPより


 行方なめがた市の霞ケ浦湖岸に5世紀後半に造営された前方後円墳です。資料によっては6世紀とも。墳丘長82メートル。ここらの古墳は洪積台地上にあるのが常ですが、これは珍しく低地に造られてます。


 ここが有名なのはその副葬品、特に

 


       金銅馬型飾付透彫冠
     こんどううまがたかざりつきすかしぼりかんむり


 これを初めて見た中学時代、なんでこれが国宝じゃないんだろうと本気で思いました。実際は国の重要文化財。それでもこの時代の茨城の出土品としては出色の宝物です。

 


 この精緻な透かし彫り、そして金銅製であること。金銅というのは銅板や青銅板に金を塗ったもので、日本で製作が始まったのは6世紀以降。ということはこれ、大陸からもたらされたものなのでしょうか。舶来のたからもの。この王さま、さぞや自慢していたろうなあ。

 

    
 馬は日本土着のものはもう絶滅していましたが、古墳時代には大陸から導入されていました。とはいえ普及したのはこれも6世紀以降。 この王さまが乗っていたかどうかは知れません。

 


 耳飾りも出土。おしゃれというか派手好きだったのは間違いない。

 

  

   
 それぞれの復元品。今の目で見ると夜店で売ってそうにも見えますが、こんなの着けて誇らしげに人々の前を歩く古代の田舎首長。きらきらと日の光を反射する金銅の冠や耳飾り。覗いてみたい光景ではあります。


 これ以外の舶来の宝物としては銅鏡が2枚。写真ありませんごめんなさい。

 


 鉄の矢尻、鉄鏃てつぞく。鉄は国内でも生産されていましたが、それにしても大量です。

 


 冑かぶとと鎧。これは出土時のようす。

 


 管玉のブレスレット。左右の腕に玉の大きさの違うものを装着していたそうで、これまたおしゃれですね。


 鉄刀・鉄剣に鉄製の戟、砥石も副葬品にあったそうです。あの世でも研いで使うつもりだったかな。


 驚くべきは、これら大量の宝物が、王の遺体とともに埋められちゃったことです。まあそれが副葬ってものなんですけど。一所懸命買ったり奪ったり拝領したりして手に入れた自慢の品々がぜんぶ土の下、家族はどう思ったろう。王さまよ、息子がいたろう? 父ちゃんのたからもの、きっと欲しかったと思うぞ。祭祀に伴う富の破壊や放棄、いわゆるポトラッチともまた違う古代人の感覚です。よその家の事なのでどうでもいいし、おかげでこうして見物することができるわけですから文句はありません。

 


 この古墳からは円筒埴輪のほかに人物や建物を模した形象埴輪も出土しました。王さまはあの世でも不自由してません。


 今回のコメントは、正式な報告書や論文は一切見ないで私見を書いてます。それが許されるのが素人だし、素人考古学の楽しみです。遺物を見てはるか昔のことを思い描くのは本当に楽しい。

 


 さて今回は茨城県立歴史館の企画展からお届けしました。会期は6月19日まで。水戸くんだりまで遠方からおいでくださいとは言いづらいけど、機会があればご覧くださいませ。

 


 常設展示の土偶縄文土器

 


 徳川さまのお宝や刀剣の展示室もあります。

 


 Google より。そもそも前方後円墳って、何考えてこんなかたちになったんだか。これもまた勝手に想像する楽しみのネタ。古代って本当に楽しいなあ。

 

 

 

↓ 考古ネタの過去記事です。

3回目の接種を終えて土偶さんと写真に納まる - ジノ。

古代のカケラを拾った日々 - ジノ。

 

↓ よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

嵐のあとの久慈川

 


 久慈川メノウ教信徒の皆さま、お元気でいらっしゃいますか。教祖ジノ。でございます。ええ勝手に名乗っております。


 GWはどうお過ごしだったでしょうか。たくさんの石好きの方が久慈川や玉川にお越しのこととと存じます。私も教祖顕現!と華々しく登場すべきところでした。いや実際、GWになると私のメノウ関係の記事へのアクセスがとんでもなく伸びるので、参考にしていただけているのかな。河原で石探しををしている方に名乗ればああ、と言われる場合もあるのです。


 ただ今年は、コロナ規制が解かれたこともあり、河原を車で走りまわる!バーベキューで大騒ぎをする!ゴミを残す!という次元の方々が大挙襲来するのが予想できました。

 

  
           ほらこんな。

 


 これ、例の橋の河原でGW明けの9日月曜日に撮ったものです。まだ火が燃えてます。消火もせずに立ち去ったのでしょう。安物のバーベキュー道具の包装。どうでもいいようなレジャーシート。持ち帰るのが面倒くさいものをすべて火にくべていきました。

 


 百円ショップの金網やトング、そのまま放置です。また来年のために取っておこうなんて発想はない。洗うの面倒くさいしまた買えばいいや。おかげでホームセンターのキャンプ用品売り場は繁盛します。こういうナニな人たちが経済を回しているんですね。〇〇が流行り! そう宣伝して低廉な用具を売り場に並べれば儲かる。商売人の皆さま、ご存じとは思いますが商売はナニな人にターゲットを絞るべきですよ。

 


 割り箸から察するにかなりの人数ですね。この手の方々は人数が多いほどタチが悪くなります。玄倉川水難事故を思い出します。人数が多くなると責任の所在もいい加減になり、特に後始末にそれが現れます。ゴミは河原に放置するか帰路のサービスエリアに投げ捨てていくか。ああ嫌だよう、この手の人。


 そんな嫌な人、嫌なものを見たくなくて参戦を避けたGWのメノウ拾いでした。たぶんメノウ教信徒の皆さまは、少なくともこんなブログを見てくださっている方々は、もっと心豊かに自然と接することができる人だと私は知っておりますので少々強い物言いをしました。お許しください。

 


 ってゆーかー

 


 私が参戦しなかったもう一つの理由。メノウ拾いはこれからなんです。


 次の週末は天気がよろしくないといいますが大した降水量にはなりませんたぶん。そのあとは好天が期待できます。これから月末にかけてさらに水位が下がり、濁りも収まって、静かにメノウ拾いが楽しめるはずです。

 


 例の橋の河原にはまた供物を置かせていただきました。偽善者と呼んでね

 


 久慈川の河原にはGW中にかなり多くの人が入られました。これはある河原。先行した方が最後にモニュメントを積み上げ

 


 いらんメノウを載せて行かれました。…… ああああ悔しい。機先を制した者の勝利宣言です。私もよくやるし、よくやられます。ニヤリ。

 


 別の河原。足跡を見ると

 


 千鳥、という歩き方。ローラー作戦というか、河原の石を隈なくチェックする探し方です。このヒトかなりの手練れです。こういう、メノウ拾い同士のやり取りは害がなくて楽しいなあ。


 おわかりでしょうか。真面目で、たまに遊び心を発揮するのが真のメノウ教徒だと思います。先に拾われたらまた次の機会を待つ。遠方の方には申し訳ありませんが、それくらいの心の余裕があれば人生は楽しい。この5月に関して言えば、先の記事でお伝えしたようにGW中は増水状態から引いていく過程でしたので、こうした既に人の入った河原でも、さらに引いた水際を探せば

 


 ちゃんとある。

 


 ほらまた。先の方のお目こぼしも含めれば、結構拾えるのではないかと。

 


 高師小僧かワイヤーの錆びたやつか。

 


 小動物の骨盤。

 


 実はこれ珪化木。

 


 GW中は水が引かなかったある河原では、赤いのがぽんぽん拾えました。ごめんなさいこれは持ち帰らせていただきます。

 


 玉川に至っては、たぶんGW中は下流のここでしか採れなかったと思います。例の場所です。この辺りはGWが田植え。用水路である玉川全域に黄土色の水がたぷんたぷんと滞留していて、それがようやく下流から動き出したところです。さあ水の下にどんなメノウがあるのかな。

 


 ちゃんとここにもお目こぼしのメノウが残っていた。

 


 メノウ拾いの極意はあくせくしないこと。待てば海路の日和あり。みんなでこの楽しさを共有できればいいなあ。

 

 

 

 

↓ メノウ記事です。どうかひとポチ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

5月4日の御岩神社

 

 もし次の週末に御岩神社にお参りなさる方、ご参考になれば。


 GW、帰省してくる家族はいるし、平日自由に使えるのにあえて混雑に飛び込むのもイヤだし、特に予定は無かったのですが

 

  
 よりにもよって連休中日の4日、御岩神社に行こうなんて思いついてしまった。間違いなく、ものすごい人出になるはずです。朝早ければ大丈夫なんて言い訳して。ひょっとして、高いところから呼ばれたのかも知れません。

 


 7時台に家を出たのに、駐車場は第3まで埋まっていました。今日はどんだけ賑わうのかな。のんびりしていては登山道で身動きが取れなくなる恐れあり。久しぶりに山頂まで行く予定です。

 


 朝の陰影の美しく。

 


 コケも美しく。これはムツデチョウチンゴケ

 


 もう三本杉前はこの様子。

 


 切り株のマムシグサは終わりかけです。ショウジョウバカマもすべて実に。

 


 境内のシャクナゲは終わった株もあればこれからの株もあり。十分次の週末に楽しめます。

 


 シャガも盛りです。

 


 はい、マニアックなお薦めです。コミヤマスミレ。この日は咲き初めの頃でした。次の週末には、境内あらゆる場所のコケの中に小さな純白の花を高く低く掲げているはずです。気を付けないと見えない。一度見えるとそこら中に現れる。ぜひこの不思議を体験してください。

 


 本殿でお参りしたあと、登山道を進みます。またマムシグサがありました。

 


 春の蝶トラフシジミ

 


 一気にかびれ神宮へ。

 


 大岩のイワウチワ。花が終わっていたのは仕方ないとして、半分くらいが無くなって新芽が出ていました。どういうことでしょう。まさかシメ縄が張られた岩上の花を盗る人はいないと信じたい。

 


 いつも息を呑みます、かびれの上、参道の分岐点からの眺め。

 


 稜線にあるヤシャブシの大木。

 


 山頂着。すでに多くの人で賑わってます。

 


 「光の柱」のお社に並ぶ善男善女の皆さん。昼過ぎには大行列になるでしょう。

 


 赤岩。

 


 案内ボランティアのご老人から、今年もハート穴が健在だと教えられました。う、うーん、まだかろうじてハートですね。


 もう一つご老体が教えてくれたのは、この山道の先にあるというお社「御嶽神社」。知りませんでした。これもご縁、行ってみよう。

 


 御嶽神社。おおおお、神すさぶ雰囲気。少し怖いくらいです。これはないがしろにできません。毎回お参りすることにします。

 


 帰路は裏参道。さすがに次の週末にはこのタチツボスミレはないでしょうけど

 


 コミヤマスミレはあなたを見守ってくれますよ。

 


 ミツデカエデの雄花の花穂が落ちてました。カエデっぽくないカエデで、花も独特です。樹上の様子は地上からは見えませんでした。

 


 鳥居まで降りたらもう人がわんさか。

 


 もし余裕があれば、鳥居を出てしばらくは門前町の側溝の花々をお楽しみください。赤いクリンソウが盛りですよ。

 


 濃い紫のスミレがあったらそれはアメリカスミレサイシン。一見の価値はあります。

 


 天候はいまいちという予報ですが、降っても花は逃げません。いつでも花があります。どうぞ常陸の国最古、御岩神社においでくださいませ。

 

 

 

 

↓ 関連記事。カテゴリー「御岩神社」もご参考にどうぞ。

御岩神社とコミヤマスミレ - ジノ。

御岩神社:パワースポット,ショウジョウバカマ,イワウチワ - ジノ。

 

 

↓ ポチ、お願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

毒虫襲来 【どアップ注意】

 

           


 びらん性の毒というのは厄介なものです。遅効性で、じわじわと、そして永く人を苦しめます。びらん性毒ガスの代表、マスタード・ガスは19世紀後半に開発され、両大戦で使用されました。1943年にはガス弾を満載した米貨物船が空襲で破壊された際に漏れ出して、それはそれは悲惨な被害を友軍や市民にもたらしました。


 皮膚などに潰瘍を生じさせるこの「びらん性」という性質、身近なものではウルシが知られます。触れた者に不快な被害をもたらすこの作戦、自然界では割と有効なようで多くの動植物が実践しています。そういえばギネス認定「世界一危険な木」マンチニールもまず皮膚を害する魔樹でした。


 さて何を言い出したのかというと。


 4月末の蒸し暑かった夜、網戸に風を通しました。翌朝、寝部屋の布団を上げたところ、畳の上に虫が一匹。

 網戸をすり抜ける大きさです。

 まあ見てやってくださいこの配色。オレンジと青なんて、警戒色以外の何物でもない。スズメバチやマメハンミョウと同様、自分が毒持ちであることをアピールしています。


 さてこれは何者か。以前この部屋に畳に巣くうシバンムシというのが出たこともありましたがこれは違う。よく知る仇敵です。その名もアオバアリガタハネカクシ

 

   

 

 青羽蟻型翅隠とはいかにも昆虫屋が付けた即物的な和名です。俗にはヤケドムシという名もあってこちらのほうが実態を表しています。体液にびらん性毒のペデリンというのが含まれていて、皮膚につくとヤケド様のひどい潰瘍をもたらします。田んぼのわらの下でよく見かける虫ですが灯火に惹かれて人家に入り込み、うっかり潰した人をえらい目に遭わせます。むかし妹がやられました。

 


 幸い今回は被害なし。暗く狭い場所が好きってんで布団の下に入り込み、圧死したようです。見つけたときはまだ足をぱたぱたさせてましたがすぐ大人しくなりました。ほんと、潰さなくてよかった。密閉のいい高断熱住宅ですがまれにこういう闖入者もあります。昔ながらの開放的な家、屋内と野外が縁側を介して境なくつながって、ヘビも蚊もムカデも平気で上がり込んでくるような家にかつては住んでいたことなど、今となってはぞっとします。


 しかし今の我が家、田んぼからは遠く離れています。こいつはどこから来たのだろう。まさかうちの庭で繁殖しているとか。いやまさか。

 

 

 

↓ 虫ネタだしなあ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

久慈川玉川ホタルカズラ

 

           


 軽く笑いが欲しくて あのね、芦田愛菜だよ❤ と明るく元気に言ったら

愛菜ちゃんを冒涜するな と本気で怒られました。こんにちは、愛菜ちゃんを冒涜したジノ。です。

 

 

 


 3日の玉川。まだ増水して濁ってましたが掘った人はいるようです。戦果のほどは知りません。

 


 久慈川の例の橋の下。GWの皆さまへのお供物を置きに行ったのですが、それどころじゃありませんでした。これだけ人の目があってはねえ。


 4日の久慈川の河原。水が引いたところにメノウが出てました。

 


 珪化木も。


 ここから日ごとに水が引いて、水が澄んで、メノウを拾いやすくなります。あとになるほど拾うチャンスが増えて、でも他人に先を越されるリスクも増えて、うわあ悩ましい。私は参戦しませんからね。他人と争うのは好みません。上のメノウもそのまま置いてあります。田植えの季節なのでくれぐれもお百姓さんの邪魔にならないようにご配慮ください。

 


 それよりも、玉川周辺をつぶさに歩くようになって、このあたりの自然に様々な発見ができるようになったことが最近の戦果です。記事にしたものではオグルマとかアワコガネギクとか先日の記事のイチリンソウであるとか、真冬に歩くカブトムシの幼虫なんてのもありましたね。ナチュラリストのふところの宝物が増えていくのはたまらない喜びです。

 


 さて4月のはじめ、軽く玉川の様子を見に行ったと記事に書きました。ああ春だなあなんてのんびり農道を歩く私の視界の端に、眼光のように鋭い青い光が射しました。思わず目を向けると

 


 ホタルカズラ

 


 これも希少種というわけではないけれどあえて探すと見つからない、そういうパターンの植物です。昔は水戸でも見かけたのですがその場所も住宅団地になってしまい、しばし目にすることはありませんでした。そもそも4月が花期だったのか、それでは仕事をしていた頃に見られなかったのもムベなるかな、です。ああ仕事やめてよかった。

 


 花の直径1.5センチ。この類の野生種としてはかなり大きい。

 


 ちなみにこれはワスレナグサ。これで直径6ミリくらい。

 


 これは雑草のキュウリグサ。花の直径2ミリ。


 花だけ見ると似てるでしょ。同じムラサキ科です。こんな風に、異なる自然物のあいだに共通性を見つける。異なるものどうしに類縁関係を見つけてどの引き出しに入れるべきかを知る。これぞ博物学のヨロコビであります。対象が花だろうが鉱物だろうが、そのヨロコビに違いはありません。我が人生、そのヨロコビのためにあり。

 

 

 

↓ そんなわけで。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

 

          はてなスターも押していただければ幸いです。

アミガサタケの長い午後

 

 新潟の余韻にぼーっと浸っているうちに、水戸の自然は季節の歩みを加速させていました。

 


 アミガサタケ。

 


 キノコです。と言っても通常のキノコ型のものとは少し分類の違う子嚢菌類のキノコです。まあキノコはキノコなんだけど。

 


 欧米では人気の春キノコで、人々は連れだって春の野でこれを探すとやら。イタリアで「モルケッタ」フランスでは「モリーユ」と呼ばれ、食材としてポピュラーなものでそうです。

 


 特別なうまみ成分を含んでいて、バター焼きにすると絶品、病みつきになるほど美味なキノコです。ただ日本ではこの不気味な姿が災い(幸い)して採る人はあまりいません。私も、持ち帰ったところで家族に気持ち悪がられるだけなので写真だけ。

 


 さてこのアミガサタケ、私には特別な思い入れがあります。高校生の頃からその名だけは知っていたのです。その姿・形から食用のこと、季節のことも何も知らず、ただ名前だけを。


 そのきっかけがSF作家ブライアン・W・オールディスの大作「地球の長い午後」

 

       


 高校生の時、この詩情あふれる表紙に惹かれて購入し一気読みして、40年経った今でも思い出せるくらいの強い感銘を受けました。同じ経験をした人は多いようで、宮崎駿弐瓶勉の創作に影響を与え、そういえば吾妻ひでおも作中に取り上げていたなあ。


 内容は…… 超未来SFと言うのが正しいと思います。太陽の巨星化が始まり、地球の自転周期と公転周期が一致して常に同じ面を太陽に向けるようになり、動物が退潮する一方で植物からは狂暴化・肉食化するものが現れ、そして人類は身体能力も知力も衰えた姿で植物に怯えながら細々と生を繋ぐ、そんな地球の物語です。アミガサタケはストーリーを進めるキーパーソンとして登場します。

伊藤典夫の訳ではなぜか「アミガサダケ」になっているのですが、何か意味があるのでしょうか)


 ちなみに現在手に入る版の表紙はこれ。

 

    


 作品世界を即物的というか現実的というか、そのままに描いてます。編集者からも絵師からも想像力が失われているように思います。われわれ読者だけでも夢を持ち続けねば、なんて。

 

 

 

↓ なにか思われたことがあるなら、どうかポチをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

玉川メノウのいま

 

 久慈川メノウ教信徒の皆さま、ご機嫌うるわしゅうございます。ジノ。でございます。


 石関係の記事からすっかり遠ざかっておりました。3月末のドタバタから4月の新潟遠征まで、結構忙しくしておりまして。玉川へは4月の頭にちょっと様子を見に行って以来ご無沙汰でした。

 


 2日前、おっひさーっと玉川に参りましたところ

 


 大増水。


 1日置きに雨が降っておりましたが、のみならず田んぼに水を張る時期なのです。水田の用水路である玉川に貯水池からの放流もあって、ご覧の通り。茶色の濁流は先日の新潟の雪解け水を思い出します。水量が多いだけなら胴長着けた勇士たちが突入できるでしょうが、こう濁っていては肝心のメノウが見えません。


 しばらくこの状態は続くものと考えます。せっかくのGW、玉川遠征をお考えの信徒もおられるでしょうが、現状こんなものだとはお知らせいたします。後半に好転したらまた記事にしますね。

 


 ちなみに4月始めの戦果。


 軽く見ただけでしたが、それなりに面白いものが採れました。今の水が引けば、きっと楽しいことになると思います。

 

 


 濁流を見た帰り道、ふとお寄りした小さな鎮守の神さまの傍らでイチリンソウを見ました。絶滅危惧種ではありませんが、いざ探すとなると見つからないものです。個人的にはこっちの方が大戦果。

 

 

 

↓ こんな掌編ですが、よろしければポチを。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ