ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

異界珈琲

 

f:id:xjino:20211023220700j:plain


 こだわるわけではないけれど,先週コーヒーを飲めなかったことが心残りとなりました。ああ,御岩神社のお話です。今日の土曜日,良く晴れて,自然と足が向いてしまいました。

 

    f:id:xjino:20211023220717j:plain
 行かれた方はおわかりでしょうか,あの鳥居をくぐった途端に空気が変わります。

 

f:id:xjino:20211023220744j:plain
 神社のスタッフの皆さんが総出で境内の整備をしておられます。昨日までの悪天候で大量の落葉落枝,好天が幸いです。今日はここで結婚式があるとのこと,さぞや行いの良い新郎新婦なんでしょうね。

 

f:id:xjino:20211023220822j:plain
                光あれ。

 

  f:id:xjino:20211023220846j:plain
 枝葉に溜まった昨日の雨が今ごろに降り注ぎます。いつ来ても水が豊かな神域です。顔見知りになったスタッフの方に,今日は精霊がたくさん来ています,いい写真が撮れますよと声を掛けていただきました。期待しましょう。

 

f:id:xjino:20211023220917j:plain

f:id:xjino:20211023220926j:plain
 美しいコケ。

 

       f:id:xjino:20211023220957j:plain

f:id:xjino:20211023221025j:plain
 不思議なキノコ。

 

f:id:xjino:20211023221042j:plain

       f:id:xjino:20211023221115j:plain
 かびれ神宮に着いた刻限に,ちょうど後光が射してきました。

 

f:id:xjino:20211023221139j:plain
 山頂から阿武隈山地。いつぞや見て,写真データを失った雲海の風景が忘れられません。

 

f:id:xjino:20211023221154j:plain
 コロナ禍の制限も解かれて,また賑わう山頂です。

 

       f:id:xjino:20211023221208j:plain
 信じられないことですが,この光の柱に気づかずに帰ってしまう方もいるらしい。

 

f:id:xjino:20211023221231j:plain
 裏参道を降りる途中にツルリンドウの実。

 

f:id:xjino:20211023221247j:plain

f:id:xjino:20211023221257j:plain
 一週間前に雨の中で震えるキッコウハグマに心動かされましたが,ここのは柔らかな陽射しを浴びて微笑みながら咲いてました。

 

f:id:xjino:20211023221338j:plain
 お地蔵様。お顔にザトウムシが付いているのを,さて払っていいものか。

 

         f:id:xjino:20211023221404j:plain
 本殿前に戻ったらちょうど神前の結婚式を終えた新郎新婦が写真撮影に応じてました。誰もがここで式を上げられるわけでは(たぶん)ないので,きっと特別に由緒のあるお二人なんでしょうね。

 

f:id:xjino:20211023221426j:plain
 さあて,お待ちかね。わざわざ山頂までひと汗かきに行ったのは,ここのコーヒーを美味しく飲むためです。Cafe Sfiato さん,無事コロナ禍を乗り越えました。人出が戻って良かったですねとひと声。なにせここのコーヒーが飲めなくなったら私,心に穴が開いちゃいますから。

 

f:id:xjino:20211023221441j:plain
 一杯ずつ丁寧にドリップしてくれます。ワイン珈琲,美味しゅうございました。

 

f:id:xjino:20211023221453j:plain

f:id:xjino:20211023221514j:plain
 靴洗い場の傍らに白い花のひと群れ。何かと見たらダイモンジソウ。そうかまだ花期であったか。今年最後に見る草の花は何になるだろうなとふと思いました。

 

 

     f:id:xjino:20211023221533j:plain
 新聞広告で面白そうな本を見ました。「異界神社」本田不二雄。この著者は「神仏探偵」を名乗って全国を巡り,これまでも人に知られぬミステリアスな仏像や霊気ただよう神木を世に紹介してきた方です。その人が満を持して,全国の神社の奥宮で特に「異界」を感じたものをビジュアルで記録した本だそうです。…… っておい,この表紙,御岩神社のかびれ神宮じゃないか。


「奥宮は『この世じゃない場所』であり、異界との接点であり、ときに『あの世そのもの』でもあった」と著者は語ります。その人が巻頭に選び,表紙にまで使ったのが御岩神社とは。本当にここは特別な神域なのでしょう。千数百年前に「何か」を感じた人が結界を張り社を建て,神の依り代あるいは異界との境界としました。おかげで私のような凡俗もご利益にあずかってます。

 


 どうでもいいけど,御岩山に登って降りる道中ずっと脳内で「ファイヤーフォックス」のテーマ曲がリピート再生され続けてました。これも一週間前のネタです。尾を引くというか,たたるなあ。

 

 

 

↓ 御岩神社紹介。右上のカテゴリー「御岩神社」もご参照ください。

御岩神社:パワースポット,ショウジョウバカマ,イワウチワ - ジノ。

 

↓ ランキングサイトです。ポチっとご協力お願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

月出ずる

 

 十三夜の月,綺麗でした。翌十四日目の昨日の満月も佳きさまで,ああ月を愛でる時節であるなあ,と。

 

         f:id:xjino:20211021225227j:plain


 そういえば中秋の名月を月光浴と称して楽しんだのはちょうどひと月まえでした。定点観測ではないけど,今日の十五夜も月遅れで楽しんでみよう。

 

 

f:id:xjino:20211021225254j:plain
               どおん。

 

 

f:id:xjino:20211021225305j:plain
 見たか,500ミリ反射望遠レンズ。もう生産されてません。小型軽量で安価に超望遠の世界が楽しめる優れものです。でも機構的に自動焦点化が難しいので,現代のレンズのラインアップから消えてしまいました。絞りが固定されてしまうのも写真表現にはマイナスです。でも使いようで面白い画が撮れます。

 

f:id:xjino:20211021225404j:plain
 写りはシャープ。ガラスレンズのような色収差がありません。

 

f:id:xjino:20211021225427j:plain
 そして最大の特徴,リングボケ! 一面にあるとこのようにかなりうるさい。でも使いようでとても美しい表現になります。ああ,久しぶりにこのレンズに触りました。現用の α 6400 に取り付けるのはもちろん初めてです。さて。

 

 


 今宵の月の出は17:24。早めに仕事を切り上げて,水戸の街を東に見下ろす高台に来ました。カメラを三脚にセットして,さあ来いお月さま。

 

 

 

 

 

f:id:xjino:20211021225526j:plain
             うぎゃあああ。

 


 違う。違う違う違う,ちーがーうーっ。私が撮りたかったのはこんな画じゃない。街の上の澄んだ空にくっきりと白い月が冷たく浮かぶ,そんな絵が撮りたかったんだ。こんな終末核爆発じゃない。

 

 


 どうやら快晴は今日の昼までであったようです。我ながら間が悪かったなあ。

 

 

 

f:id:xjino:20211021225854j:plain
 カメラとレンズの名誉のために一枚,水戸の街の中心部です。決して相性は悪くない。この組み合わせだと画角は1000ミリ相当になるようで,使い方一つで面白い画が撮れるでしょう。まずは月だ。次の満月には見てなさいよ,お月さま。

 

 

 

 

 

↓ お願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

小さな花

 

        f:id:xjino:20211017222108j:plain


             雨の日曜日。


 結構な降りでしたが,午後には収まるとの予報を信じて午後二時過ぎに出だします。

 

f:id:xjino:20211017222158j:plain
 雲湧く山越えの道から

 

f:id:xjino:20211017222223j:plain
 遠い西空の黎明が見えてきました。雨もみるみる小降りに。

 

f:id:xjino:20211017222254j:plain
 ここは御岩神社。いつもの鳥居下のコーヒーを楽しみに来たら,今日は回向祭えこうさいの日で,昔からのテキヤさんが店を出すので新参のワゴン売りは無しだって。あうう。せっかくなのでお参りだけして行きます。ちなみに回向祭というのは,明治以前の神仏混淆時代からの伝統行事で,宗教・宗派を問わずに祖霊を供養するんだそうです。

 

f:id:xjino:20211017222315j:plain
 雨雲の下,陽も傾いた刻限で境内は暗く,参道の灯が明るく見えます。

 

f:id:xjino:20211017222506j:plain
 雨を含んで鮮やかさを増すコケのまにまに,埋もれるようにわずかな他の植物たち。

 

f:id:xjino:20211017222524j:plain
 その中に,小さな小さな花を咲かせているものがありました。キク科のキッコウハグマです。亀甲白熊と書きます。普通はもっと大きな草姿なのですが,暗い緑陰の小径で十分に育つことができませんでした。

 

     f:id:xjino:20211017222555j:plain
 十円玉と比較。哀れなほど貧相。花の直径も1センチに満ちません。

 

f:id:xjino:20211017222638j:plain
 それでも必死で花を付けました。他のキッコウハグマはしずく降る中で花を閉じたままです。この株だけ開花。本当に必死なのでしょう。

 


「テルーの唄」に,雨の降りかかる岩陰で誰にも愛でられることなく咲く花の哀しさが唄われていました。「討匪行」という,雨の中で過酷な任務に就く兵の哀しさを描いた古い歌でも,秋霖に濡れる秋草の花に兵の心情を託していました。冷たさを増す雨に打たれながら,それでも日々の営みを続けるしかない哀しさ。植物だろうがヒトだろうが,過酷な運命を生きねばならぬ者がいるんです。

 

 

f:id:xjino:20211017222819j:plain
 水戸に帰り着いた時がちょうど日没でした。明日は晴れそうです。

 …… ずいぶんと風が冷たくなったことに気付きました。

 

f:id:xjino:20211017222915j:plain
 皆に幸あれ。

 

 

 

 

↓ ランキング投票にお恵みを。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

ファイヤーフォックス

 

 こう色々なものを見聞きしながら生きていると,脳の片隅に妙にこびりついてるものがあります。

 


 今朝新聞の番組欄を見ていて…… あ,深夜アニメに見逃しはないかというチェックですが,テレビ東京の深夜枠に「ファイヤーフォックス」の名を見て脳の辺縁系がピクリと反応,次の瞬間にはあのテーマソングが脳内に鳴り響いておりました。

 

  f:id:xjino:20211016095854j:plain
   日本版の映画ポスターはセンス最悪なので洋モノで。


 小説「ファイアフォックス」が原作の映画です。1982年,主演・監督・制作クリント・イーストウッド。一時銀幕から遠ざかっていたイーストウッドの復帰第一作で,彼の映画では最高の収益を上げたそうな。

 


 あらすじはまあ一言です。ソ連が開発した超高性能の新型戦闘機を盗み出す,ただそれだけ。冷戦時代を知る皆さんからはこれだけでツッコみが入るでしょう。

 


 冒頭,心に傷を負って隠棲生活をする主人公の元に使者が来ます。これ! このワンパターンが肝要なのだ。すでにしてイーストウッドのおなかはタプついていましたが,誰がどう言おうがヒーローは迎えられねばなりません。

 

 以後映画前半のスパイサスペンスなシーンは,申し訳ないけど何ひとつ憶えちゃあいない。数十年経っているから許して。この作品の見どころは,後半の飛行シーンなのです。

 

 

f:id:xjino:20211016100940j:plain
 主役メカ,ミグ31・コードネーム「ファイヤーフォックス」。最高速度マッハ6,完全なステルス性,武器管制は思考制御。盛りまくった設定はフィクションならでは。原作者は当時世界最高性能と騒がれたミグ25が函館空港に強行着陸した事件に着想を得て書いたそうで,作中のデザインもその発展型のようなものでした。ところが映画ではSR-71のようなデルタ翼先尾翼を付けて各所をステルス風にアレンジした独創的なものになりました。これがカッコいい。

 

 

f:id:xjino:20211016100331j:plain …… 間違えた。これはミグ29とプーチン

 

 

f:id:xjino:20211016101001j:plain
 公開当時も飛行機マニアからは否定的な意見がありました。でも原作のままでは少なくともステルス性能が説明できません。当時はまだステルスという概念がよく理解されていなかったにも関わらず,それが正しく反映されたデザインだと私は考えます。何より実に未来的,言い方を変えればフィクション性が素晴らしい。そのまま特撮の地球防衛隊の戦闘機になると思う。じっさいにマットアロー1号はこれを参考にしたそうです。でもこっちのほうが何倍もカッコいい。

 

f:id:xjino:20211016101025j:plain
 で,これが飛んじゃうわけです。澄み切った北極海を。飛行機映画はたくさん見たけど,このファイヤーフォックスの飛行シーンの空ほど美しいものを見たことはありません。青空と雲とが織り成す壮大で奥行きのある,それだけでひとつのドラマが生まれそうな空。天界を駆け抜けるような神秘性すら,映画館の大画面を見ながら感じてました。

 

 埋め込みの画面で迫力はないけど

www.youtube.com


 最高収益と先ほど申し上げましたが,実はこの飛行シーンの空撮と合成におカネが掛かり過ぎて,もうけはあまりないんだそうです。漢オトコだぜイーストウッド。ツッコみどころも色々とありますよ。おカネ掛けた割にはこの合成,見た当時ですらいまいちだなあと日本の特撮を見慣れた目には感じられました。ファイヤーフォックス(の実物大模型)が氷原を滑走するシーンでは先尾翼が振動でビヨンビヨンと上下するし。

 


 でもとにかく他の凡百を超えて,私の記憶に残る映画です。今夜の放送,もちろん録画します。イーストウッドの声は,おおお山田康夫! 私の世代にはイーストウッドと言ったら山田康夫。あの声で見るこの映画,どんな感想になるでしょう。

 

 

f:id:xjino:20211016101341j:plain



 感想は,記事にしません。ソコは大切にしたい部分です。

 

 

 

↓ このテの記事の時はお願いしづらい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

修行中

 

f:id:xjino:20211011215136j:plain
 以前の記事でご紹介した先代プロトレックです。ただいま立派な付喪神つくもがみになるべく修行中。

 

f:id:xjino:20211011215209j:plain
 モノ,道具は百年使い続けるとタマシイが宿るという。これを妖怪の一種,付喪神と称します。2007年製造のこいつにはあと86年の修行が必要ということに。机の上で置時計代わりにすることで「使っている」ことにしてます。ところで読者の皆さま,この時計を巻きつけてる土台,ご記憶はありますか。

 

 

f:id:xjino:20211011215222j:plain
 これ。そうです以前海岸で拾ったお気に入りの黒メノウ。普通のメノウが億年単位の時間をかけて黒化しました。その秘めたる力を時計に分けてやってくれ。

 

 


 …… ここで黒メノウを見て思いつきました。そうだ赤メノウと引き合わせてやろう。よく思いつくもんだと自分でも呆れます。

 

 

 

 

f:id:xjino:20211011215253j:plain
 埋もれさせてみた。ベーコンじゃないよ,玉川メノウだよ。

 

   f:id:xjino:20211011215310j:plain
 赤メノウにパワーがあるか知りませんが,時計の方は明らかに困惑しています。

 

 

f:id:xjino:20211011215345j:plain
 おおそうだ,黒メノウ単体にもいい思いをさせてやろう。

 

 

 

f:id:xjino:20211011215421j:plain
 ハーレム状態です。喜んでる。こいつ絶対に喜んでいる。

 

f:id:xjino:20211011215433j:plain
 なんてことを庭に出てやってました。傍らにはホトトギスルリタテハの食害から守り切っての開花です。馬鹿だなあこの人間,とか思われていたことでしょう。

 

 

 

f:id:xjino:20211011215501j:plain
 10月というのに空が夏のような日でした。

 

 

 

 

 

↓ 関連記事です

プロトレック交代/つくも神になるその日まで - ジノ。

海岸の黒メノウ - ジノ。

 

ブログランキング,ご協力いただければ慶賀の至り。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

海辺のカノン / 嵐のあとの赤黒メノウ

 

     f:id:xjino:20211006230642j:plain


 台風がいい塩梅に海をかき回してくれました。荒れも収まり,さあ海岸に出てみよう。


 朝7:30が今日の干潮。潮を見るのは海遊びの基本です。拾いものをするなら特に。ただし今日は拾いません。ひたすら見たものを記録します。

 

f:id:xjino:20211006230710j:plain
 貨物船が先導されて港へ。どこから来たのかなあ。

 

f:id:xjino:20211006230734j:plain
 海岸ではかなりの陸寄り,たぶん潮上線のずっと上にまで漂着物があります。思ったよりひどい荒れだったようです。…… 茨城の海はゴミが少ないのですが,ここはやたらペットボトルが多いと思いませんか。その理由は他の漂着物を見ればわかります。

 

f:id:xjino:20211006230756j:plain
 これ。さて何でしょう。  答:夜釣りの浮きに使う発光体。ペットボトルと共にたくさん打ち上げられてます。たぶんあの大量のペットボトルも釣り人が海に放り投げたものです。釣り人にはガラが悪いというか常識がないというか,自然に対して傲慢なふるまいをする人がなんと多いことか。この人たちに地球環境なんて話は別次元の念仏に過ぎないんでしょうね。

 

f:id:xjino:20211006230815j:plain
 SDGsでやり玉に上がるプラスチック片も。環境汚染はこの茨城の海でも進行中です。

 

f:id:xjino:20211006230858j:plain
 一面に砂鉄が集積した浜もあります。


 さてメノウ。

 

f:id:xjino:20211006230915j:plain
 まずは細かな,米粒大からせいぜい指先ほどの小砂利が集積した場所です。もう砂利そのものが全部持ち帰りたいくらい綺麗なんですけど

 

f:id:xjino:20211006230929j:plain
 あった。

 

f:id:xjino:20211006230956j:plain

f:id:xjino:20211006231010j:plain

f:id:xjino:20211006231049j:plain

f:id:xjino:20211006231111j:plain

f:id:xjino:20211006231136j:plain

f:id:xjino:20211006231249j:plain

f:id:xjino:20211006231259j:plain

f:id:xjino:20211006231310j:plain

f:id:xjino:20211006231319j:plain

f:id:xjino:20211006231328j:plain

f:id:xjino:20211006231340j:plain
 あるわあるわ,本当に米粒大,指先大のメノウが集積しています。

 

f:id:xjino:20211006231359j:plain
 どこだかわかります?

 

f:id:xjino:20211006231419j:plain
 これ。

 

f:id:xjino:20211006231440j:plain

f:id:xjino:20211006231452j:plain
 指先大。

 

f:id:xjino:20211006231527j:plain

f:id:xjino:20211006231545j:plain

f:id:xjino:20211006231554j:plain

f:id:xjino:20211006231603j:plain

f:id:xjino:20211006231612j:plain

f:id:xjino:20211006231622j:plain
 歩くほどに打ち上げられた小石の粒径が大きくなって,メノウも大きくなります。

 

f:id:xjino:20211006231638j:plain

f:id:xjino:20211006231648j:plain
 赤い! デカい!

 

f:id:xjino:20211006231707j:plain
 煮干しみたいな珪化木。

 

f:id:xjino:20211006231720j:plain
 セルフタイマーで自撮り。自分の写真が本当にないんです。ちと寂しい。

 

f:id:xjino:20211006231811j:plain

f:id:xjino:20211006231829j:plain
 さらに石の粒径が大きくなって,これは私がオルソクォーツァイトと呼ぶやつ。

 

f:id:xjino:20211006231843j:plain
 いよいよ石が大きくなって,ここは黒メノウが拾える場所。

 

f:id:xjino:20211006231855j:plain
 10センチクラスの赤メノウ。

 

f:id:xjino:20211006231910j:plain
 そして黒メノウ。その根拠は

 

f:id:xjino:20211006231923j:plain
 黒化しきれなかった部分があり

 

f:id:xjino:20211006231940j:plain
 縞模様。写真では見づらいけど横方向に。

 

f:id:xjino:20211006231958j:plain
 そして晶洞。

 

f:id:xjino:20211006232016j:plain
 こちらも

 

f:id:xjino:20211006232038j:plain
 晶洞と仏頭状構造の断面。

 

f:id:xjino:20211006232051j:plain
 持ち帰るならこれぐらいが手ごろでしょうか。


 いいえ今日は持ち帰りません。河原や海岸にあるものはいわば公共の富。個人が占有するのは良くないことだと,斎藤幸平さんの本「人新世の資本論」を読んで考えたりしたもので。この本の紹介はいずれきちんとやります。…… 今日は拾わないってだけですよ,あくまでも。

 

f:id:xjino:20211006232112j:plain
 砂丘ではマルバアキグミが食べごろになってます。身が少ないけど美味です。

 

f:id:xjino:20211006232134j:plain
 砂丘で開花していたのはハマニガナ。気持ちよさげに潮風に揺れてます。

 

f:id:xjino:20211006232149j:plain
 花だけがころりと。私がやったんじゃないですよ。

 

f:id:xjino:20211006232211j:plain
 海岸植物のネコノシタが潮を被って枯れてました。でも全滅ってわけじゃないのはさすが海岸育ちです。

 

f:id:xjino:20211006232240j:plain
 そして行き着いた海岸で一面に打ち上っていたのは

 

f:id:xjino:20211006232258j:plain

f:id:xjino:20211006232308j:plain
 ハマグリ! 殻を閉じてますが生きてるんだか死んでるんだか。チョウセンハマグリの子どもですが,ものすごく大量に転がってます。砂に潜ろうとしません。どうしたんだろう。

 

f:id:xjino:20211006232326j:plain
 カニさんたちは何事もなかったかのように,今日もせっせと砂をほじくり返してます。

 

     f:id:xjino:20211006232346j:plain
 今回期待したのはクラゲやオウムガイ,ルリガイのような浮遊生物の漂着でしたが,ひとつも確認できませんでした。彼らは嵐をどうやってやり過ごすのか,興味のあるところです。


 いつも自慢する茨城の海辺の心地良さ。島もなく船もあまりいない海に,渡る海風はさながら通奏低音のように低くかすかに鳴り続け,重なる波音は重奏する主旋律。そうそれはカノン(追複曲)そのものです。いいえ波音だけではありません。


 ヒトが滅べばゴミはすぐ無くなります。でもメノウは打ち寄せられ続けます。嵐のたびに,大潮のたびに,この海岸には赤や黒に輝く貴石が集まり,重なっていきます。人声の絶えた渚に繰り返される営み。未来永劫終わることのないカノン。そんな光景に強く惹かれてしまうほどには,私はまだ疲れてないはずなのですが。

 

f:id:xjino:20211006232453j:plain


 帰りに寄ったホームセンターで,ウルトラマンとダダとカネゴンが客引きしてました。ヒトの創造したものもまあキライじゃないんだけどね。

 

 

 

 

↓ 関連記事です

海辺のメノウは潮騒に色づく /久慈川の黒メノウ - ジノ。

海風に吹かれて生きものやメノウを見る - ジノ。

 

にほんブログ村ランキング,お願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ

9月,愛と青空の総括

 

 f:id:xjino:20211003175419j:plain


 9月18日,このブログは累計17万アクセス達成してました。うわあああ。

 

f:id:xjino:20211003175447j:plain
 ちょうど4年で17万。多いとも少ないとも。ただ言えるのは,よくこれだけ続いた,続けられたな,と。本来飽きっぽい人間なもので。

 

f:id:xjino:20211003175510j:plain
 月別推移。一か月のアクセス6000台まで回復しました。昨年9月の1700というのがあったのでさて今年はと待ち構えていたのですが特にブロックされた様子はありません。その前年はJCO臨界事故20周年の9月30日に一日で700アクセスありました。たかがシロウトのブログの一記事に,まあたくさんの人が右往左往したものです(このあたりの事情は以前の記事をご参照くださいね)。

 

f:id:xjino:20211003175619j:plain
 グーグルからのアクセス先。ちゃんとJCOも見られてますよ,ちょびっとだけど。

 

       f:id:xjino:20211003175641j:plain
 記事も頑張って書いてます。内容はともかく,なにがしかを書き続けることが大事。短いサイクルで3つ記事を上げると,「にほんブログ村」の「注目記事」の上位独占しちゃいます。読者の皆さまに応援されていることをひしひしと感じます。本当にありがとうございます。「自分アクセス」で順位を上げるようなことは,それが目的の人を否定しませんが,私はやりません。ひたすらいい記事を書いて,ブログ村のページからほかの記事をクリックしてもらって,INポイントよりOUTポイントを多く頂く。それが読者さまからの支持の証拠と心得ます。昨年のブロック時もそれで生きながらえました。ご恩は忘れません。

 

f:id:xjino:20211003175727j:plain
 …… それにしても最近の記事はあまり検索に引っ掛からないようだなあ。何かここらでもう一発ヒット記事を出せないかなあ。ブログ運営者つまりはプロデューサーとしては,ちょっと欲が出るところです。ああこんな浅ましい自分がイヤだ。

 

 f:id:xjino:20211003175744j:plain
 でも書くからには読まれてナンボだと思うし,来年の退職の際にはブログ書いてることを周囲にカミングアウトしようと思います。安否確認はブログを見てねって。驚かれるかなあ。今のところ家族にも内緒です。自分のことを「ブロガー」と称したことは一度もないけど,これからは唯一の肩書がブロガーになるんだ。あわわわ,心の準備をしなければ。そうだ,ブロガーなら記事に広告を貼って稼がなくちゃ。ひたすら新製品のレビューを書いたり,〇〇のやり方なんてハウツー記事をコピペで作ったりして読者様のニーズに応えなくては。これがプロというものなのだ。やるぞー。

 

f:id:xjino:20211003180015j:plain
 …… なんてね。いいえ,やはりブロガーではありません。私は一人のナチュラリスト。地域の自然を愛し,掘り下げ,歩き回り,記録し,その美しさ,不思議さを発信し続けるのが私の仕事。趣味に走ることも多々ありますが,自然というピボットから軸足をずらすことはありません。それが私に求められているものと心得ます。

 

 f:id:xjino:20211003175945j:plain
 一日の閲覧者3人。そんなところからこのブログは始まりました。山あり谷ありの4年は永くもあり短くもあり。まだ続けられそうです。読者の皆さま,特に昨年のブロック時も閲覧し続けてくれた皆さま,感謝しております。お礼にはなりませんが,皆さまの喜ばれるような記事を私なりに書いていきます。どうかこれからもよろしくお願いいたします。

 

 

 

↓ ご参考にどうぞ

JCO臨界事故の記憶【過激注意】 - ジノ。

4000アクセス超えました - ジノ。

Yahooさん,お金で済むならぜひ一声 - ジノ。

いまさらJCO/山あり谷あり15万アクセス - ジノ。

 

↓ これが「にほんブログ村」。そんなわけでお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ