ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

王国の日々

こさめときどきふる そしてチェリーセージの名を知る

七十二候の五十三,こさめときどきふる。本当に雨が降りました。 選挙の日曜日。朝一番に投票を済ませました。そのまま奥久慈に紅葉をチェックしに行きたいところでしたが,午後は雨だと。寒いし,先週は体調も安定しなかったので今日は静かに過ごしましょう…

王国の庭のトリアージ / ルリタテハの母ちゃんごめんね

ホトトギス。花弁の文様が鳥のホトトギスの胸に似ているというネーミングです。家族がみな10月の開花を楽しみにしています。それが丸坊主になり,つぼみまで食われてしまったのが3年前のこと。ルリタテハという蝶の幼虫の仕業でした。

王国雑記 春-夏

我がささやかな王国,庭のお話を。 家の前の道路に面して,こぼれ種から出たミツバアケビをグリーンカーテンに取り立てて2年目。前年の枝を派手に切り詰めたのに,この雑種のアケビは花を咲かせ,その後つるを伸ばしました。

ハバチとニジュウヤホシテントウ 【虫ですよ】

私はノータッチなのですが,我が家の食卓に上がる野菜の大部分はここから収穫されてます。家人は毎週NHKの野菜番組で勉強し,土作りから熱心に取り組んでます。もちろん無農薬です。ちゃんと連作障害まで考慮して作物を選ぶのだから大したものです。おか…

いのちはめぐる

今年の春の庭をご紹介します。

庭のアケビコノハ 【虫ですよ】

アケビコノハ だああ! 旧友と再会したような感情に満たされます。軒下のホウキギの上を這ってました。アケビ崩落と共に落下したのでしょう。 蛾の幼虫です。この目玉模様が絶品で,アケビを植えたばかりの時に現れて大喜びしてこのブログの最初期に記事にし…

オオスカシバ現る

以前の記事「オオスカシバとクチナシの受難」へのアクセスが急に増えました。オオスカシバとかクチナシとかで検索する人が増えたのでしょう。ああ,またヤツらとの戦いの季節か。 説明しよう! オオスカシバは,スズメガ科に属する蛾の仲間です。昼行性で,…

ハマナス咲いた。どうにもこの美女を無視できない

今年もハマナスが咲きました。またかと言わないでください。 無敵の超絶美女に例えています,我が家の花の王。撮らざるを得ないのです。 こんな状態から どーん。ほんの数か月でこんなことに。 鬼の腕のようなトゲでご近所さんに迷惑かけないかと気が気では…

夜な夜なハクビシンがうちのイチゴを食べに来る

我がささやかな庭のささやかな楽しみと言えば,これまたささやかな実りであります。 畑のスペースで収穫する野菜のほかに,いつも自慢するベリーたち。いよいよその先陣を切ってストロベリーが実り始めたと思ったら,ハクビシンにやられました。ぐぬぬぬ。

クチナシ枯れて夏の庭 オオスカシバ,ルリタテハその他

9月の頭,まだ夏が続く頃。 庭のクチナシ,そうあの私とオオスカシバの戦いの舞台となるあのクチナシの,主幹が枯れました。 思えば亡くなった祖父が我が家に連れてきたのが半世紀以上前。たぶん元は普通のクチナシに種子のできない八重クチナシを接いだも…

続・オオスカシバとクチナシの受難 カイガラムシでロウソクを作る

今年のクチナシ。やはりオオスカシバに食われては退治し,また産卵されて食われては退治し,また産卵されて,のイタチごっこでしたが,まさか11月になってもこれが続くとは思いませんでした。気温が高いとはこういうことか。ビバ温暖化。 しかし今年のクチナ…

アケビの実の開くころ  ~庭のミツバアケビとハマナス。

ラティスに這わせたミツバアケビが開き始めました。 春にご報告したように,大喜びで繁茂してたくさん花を咲かせました。ただ少し茂りすぎて悪影響が出たので,この冬に大剪定する予定です。 このめしべが こうなって 夏の葉陰で少しずつ大きくなり どかん。…

ルリタテハ現る 【イモムシ毛虫GO!】

家人から出動要請がありました。庭のホトトギスにものごっつい毛虫がいる。あれはきっと恐ろしい毒毛虫に違いない。刺されたら命がないかもしれない。退治せよ,と。私はどうなっても良いのか。ヒロヘリアオイラガの時と同じパターンだなあ。 実はホトトギス…

オオスカシバとクチナシの受難【虫です】

ネット動画ニュースで,「不思議な蛾『オオスカシバ』」にハマる人たち」というのをやっていました。ゲームクリエイターの女性でオオスカシバにハマり,飼育して,人に慣れた「手乗りオオスカシバ」を得たといいます。「私の生きる目標です」とか。 ふざける…