ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

石の名前

これがコロナか

海辺を歩いた先の記事の一日。じつは朝から少しのどが痛かった。そのまま海風に吹かれて、最後に車に戻ったら痛みが増していました。体も妙に寒い。普段使わないヒーターをかけて帰宅しました。それでも寒い。なんか変だぞ。

海を、北へ

十数年前、県北の海岸地帯を歩き尽しました。いま思えば、何のためにあんなにムキになって歩いたのか思い出せません。それが先年にウランガラスを探し歩いたことで、いくつかの海岸がフラッシュバックしたんです。あそこを調べるまでは次のステージには立て…

石のナイフ

山中で遭遇したメノウ鉱山跡で、そのまま石器に使えそうなカケラを拾って、それは河原の供物にせず取って置きました。3つほど。

潮騒と夕映え

ううう負けなのか、このまま負けで終わるのかーっ。 …… すいません、前回のウランガラスのことでございます。初崎海岸にあえなく撃退されて、さてどうしたものか。

悪魔は夜に毒麦を蒔く

12月初め、総アクセス数が25万を越えました。 数値目標がないとはいえありがたいことです。特にいつもチェックしてくださる固定読者の皆さま、おかげで私は検索のブロックも怖くありません。 しかしこのところアクセス数が伸び悩んでいるのも事実であります…

森のカルセドニー

ええまあ、なんか呼ばれたような気がして沢に降り立ったんです。沢と言っても山の頂上部の樹々に覆われた窪地、ほとんど流れのない、森の底と表現できるような空間です。濡れた落ち葉が強く晩秋の気を放ちます。前々回の記事の、森の異形のものたちを撮影し…

同じでなくて、いろいろあって

いろいろご覧いただきます。

そしてメノウは流れたか / 雨後の久慈川

久しぶりの本降りの雨でした。と言っても積算10ミリにも満たないのですが、なんせ雨の少ない土地柄なもので。ふと、しばらくメノウ拾いをしてないなあと。この雨で流されてくるのは期待できないけど。

メノウ日干し

信徒をはじめ石関係の皆さま、手にした宝物はどうされてますか。

玉川、石炭、黄鉄鉱

これは昨年秋のある日の玉川での戦果。まあ小アタリというところでした。面白いのは上の黒いの二つ。玉川で初めて石炭を見つけました。 同じ久慈川水系の別の川で拾ったことはありましたが、玉川では後にも先にもこの時だけ。水中に沈んで腐ることなく土中に…

オパールも光る。番外も光る。

運命の処するところでわが手に落ちたメノウたち。いずれも大切にしようと思いますが、どうもいろいろな素性があるようで、ひとつ紫外線を当てて別の一面を見てやろうかと思い至った、というのが前の記事でした。今回は手元にあるこの二皿分を試そうかと。

玉川メノウが蛍光を発した件について

台風15号がもたらした大雨で、那珂川や久慈川が大水になりました。5日経った昨日、ようやく水位が下がったと見て玉川に行きました。

玉川メノウ始めました

玉川流域、稲刈りは九割がた終わりました。台風14号は東海上に去りました。水が引けば、いよいよ玉川メノウ私的解禁でございます。 というわけで荒天が収まった二日後、フライング気味ではありますが強行偵察に出撃いたしました。

メノウ教信徒の皆さまへ、玉川久慈川の現況を

陽射しも和らぎ、蒼天に思わず息を呑む季節となりました。まだ日中は暑いけど、しばし仕事の手を休めて天を仰いでも損はありません。

大水出ないとメノウが採れない。雨乞いをしていいものか

夏は石拾いの季節ではないとはわかっているのですが、それにしても採れない。今年は特に。理由は簡単、雨が降らないからです。期待していた梅雨も空振りでした。 全国で豪雨被害が出ているこの時節に申し訳ないことですが、茨城に雨が降りません。お隣の埼玉…

川底掘って夏は来ぬ

冷たい東風が吹いた日。午後遅くになってからふらーっと玉川に出かけて、これまで採れなかった場所を一か所だけ覗いてみたら面白いのがありました。

平磯海岸にメノウ拾いで遊ぶ

メノウ拾いがしたいよおおお。 というわけで5月半ばの潮が良かった日、平磯海岸に行って来たのです。

嵐のあとの久慈川

久慈川メノウ教信徒の皆さま、お元気でいらっしゃいますか。教祖ジノ。でございます。ええ勝手に名乗っております。 GWはどうお過ごしだったでしょうか。たくさんの石好きの方が久慈川や玉川にお越しのこととと存じます。私も教祖顕現!と華々しく登場すべ…

玉川メノウのいま

久慈川メノウ教信徒の皆さま、ご機嫌うるわしゅうございます。ジノ。でございます。 石関係の記事からすっかり遠ざかっておりました。3月末のドタバタから4月の新潟遠征まで、結構忙しくしておりまして。玉川へは4月の頭にちょっと様子を見に行って以来ご…

川を読む

メノウのために雨乞いを、と言ったら皆さん本当にやってくれたんですね。記事にそう書いた五日後の金・土に大雨になりました。人柱にされた信者がいなければいいのですが。 そして雨の上がった日曜日。まだ増水したままであろうけど様子を見に玉川へ、そして…

久慈川メノウ教信徒の皆さまへ

来週は三連休ですね。わあうれしい、何をしようかな。我が親愛なる久慈川メノウ教信徒の皆さまにおかれましては、玉川・久慈川への遠征クエストをお考えの方もおられることでしょう。そんな皆様にご助言をひとつ。

3回目の接種を終えて海岸でメノウを拾ってみたり

先日、富岡橋でお会いしたご家族におみやげメノウを選んでもらった時 ― このおみやげ箱には玉川や海岸のメノウ、オルソクォーツァイトとか見境なく入れてあるのですが、ご主人が海岸の黒メノウに興味を示して選んでくださいました。へー。わかる人にはわかる…

たそがれに還る

そういえば自分の最近の石拾いは既知の場所ばかり,安全策というか冒険心や探求心を失っているのではと思い至りました。いかんこのままでは滅びの道を転がるだけだ。まだ歩いたことのない河原がある。すでに他の人が入った後でしょうけど,自分で歩かねば気…

冬のパンニング/玉川のざくろ石は綺麗です

数学的な美しさをかもす結晶形。ルビーのような透明度。光を当てると中に赤い灯が点るその神秘性。県内あちこちでパンニングしている私が断言します。玉川ざくろは,茨城で一番美麗なるざくろ石なのです。

玉川ざくろと久慈川メノウでおなか一杯。

年末に玉川でパンニングしたざくろ石。たくさん採れたんだけど,色もキレイだったんだけど,結晶がみんな割れてました。露頭から川流れして砕けたんでしょう。もっと上流なら砕ける前の結晶があるに違いない。おお玉川が呼んでいる。再出撃じゃあ。

おおつごもり

神棚を掃除して御榊を新たにして,大掃除のやり残しを片付けて昼飯を食う。厨房に立たない私にはもうやることがありません。そうだ,フィールドに出よう笑。

山田川メノウふたたび

極寒マイナス4℃。すこーんと晴れた茨城の空。ファイヤーフォックスのテーマを聞きながら快適な田舎道を走ると,本当にマッハ6の戦闘機を駆っているような気分になります。

玉川メノウ異形変

結局,夢の休日2日目は書斎の片づけをして溜まったビデオを見て必要な買い物をして少し本を読んで,終わりました。時間を限られると私はまずフィールドに出てしまうので,休日を潰されて一番不足するのはこうした時間なんです。1日目石拾いざんまい2日目…

自由とは青空の下の石拾い

朝6時に家の者を水戸駅まで送ってきました。これで今日のノルマはおしまい。残り一日,いえ明日までぜんぶ自分の時間です。 思えば9月からこっち,土日フルで休めるということがなかった。何かしら誰かの用事があって,いつも時間を気にしながら動いていま…

修行中

モノ,道具は百年使い続けるとタマシイが宿るという。これを妖怪の一種,付喪神と称します。2007年製造のこいつにはあと86年の修行が必要ということに。机の上に置いて置時計代わりにすることで「使っている」ことにしてます。ところで読者の皆さま,この,…