ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

夏の風,夏の花

   f:id:xjino:20190127130348j:plain

 ああ寒い。前の記事で春を懐かしみましたが,もうそれでは足らぬ。夏の思い出,行かせていただきます。まあ雑多に「夏の花」を。


 高萩の山中に,花咲き乱れる湿原がありました。茨城では珍しいトキソウをはじめ,次々と湿原植物が開花する楽園でした。地元の人たちが案内板や木道を整備して,一部では有名な湿原だったのですが …… 林道の入り口が営林署によって塞がれて,以後は荒れ放題。どういう経緯かは知りません。誰も来ない山中で,花々は変わらずに咲き続けています。


  f:id:xjino:20190127130442j:plain
 トキソウ。美しい湿原のラン。美しいゆえに乱獲されて絶滅状態です。


  f:id:xjino:20190127130504j:plain
 ハナショウブ。茨城の湿地に割と普通に生えてます。

 


  f:id:xjino:20190127130533j:plain
 ミズチドリ。純白の湿性ラン。かつては低地にもあるものでした。


 高萩の山中は,歩くほどに発見のある楽しいフィールドでした。通りかかった谷筋の放棄された水田。コオニユリが点々と咲き,周囲の斜面は一面のヤマユリ。夢のような光景に「来年もまた来よう湿原」と名付けたのですが …… それっきりです。自然との邂逅は一期一会。わかっているはずなのに。


  f:id:xjino:20190127130607j:plain
 コオニユリ


f:id:xjino:20190127130634j:plain
 ヤマユリ。背後にはカワラナデシコも。

 

 f:id:xjino:20190127130722j:plain
 ヤブカンゾウも思わず美しい。


 私にとって「夏の花」の代表は,何といってもヤマユリ。前出ですが,茨城県内どこにでもあって,強烈に夏を主張します。


f:id:xjino:20190127130856j:plain
 潮来市,大膳池にて。


f:id:xjino:20190127130914j:plain
 日立市,助川鹿島神社。花付きの良さはユリ界随一。


 旧里見村もお気に入りの場所。大中宿というところには動植物を保護するための池があって,水中食虫植物のタヌキモが浮かんでいます。


f:id:xjino:20190127130950j:plain
 そのタヌキモの花茎にクロイトトンボ。何を見ているのでしょう。


f:id:xjino:20190127131014j:plain
 タヌキモの花。これも希少になりました。


 自分でも理解しかねるのですが,夏の炎天下にてくてくと歩くことがあります。次の写真は水戸のお隣,城里町にて。


f:id:xjino:20190127131129j:plain
 キツネノカミソリ。「ヒガンバナが夏に咲いた」と騒がれることがありますが,別種です。


f:id:xjino:20190127131148j:plain
 通りかかった杉林の林床一面にヤブミョウガ

 

f:id:xjino:20190127131211j:plain
 その先の杉林には …… なんだこりゃ。調べてみたらやはり外来の園芸植物,ボタンクサギというものでした。どこからか逃げ出してきたんですね。ウエルカーム,ずっとここで暮らせるといいね。これからは外国の人にも親切にしなければ。

 


 熱風,草いきれセミの声。みな懐かしい。夏には夏で,冬の厳しさを懐かしむのでしょうけど。

 

参考記事

ヤマユリとキキョウに夏を知る - ジノ。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村