ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

花園に山気の補給に行きムモンアカシジミの幼虫を見る

 

 f:id:xjino:20210613213956j:plain


 先週,どうも調子が良くありませんでした。


 いえ,体調が悪いというのでなく,どこか痛いというのでなく,仕事もきちんとこなしてました。気が塞ふさぐというのが一番当てはまる言葉です。息苦しい,気分がアガらない。まさに心の砂袋がずしんとのしかかってくるようです。で,思い出しました。5月23日以来およそ3週間,フィールドに行ってない。


 20代のはじめ,就職した最初の任地はフィールドから遠い土浦でした。今回と同じように気が沈む状態になり,筑波山の山中に分け入ったりしていました。四六のガマよろしく木々の間でぼーっとしてると元気になりました。そういえば,この「フィールド欠乏症」の原因になる,日々に消耗されフィールドで補給されるものを当時「山気さんき」と呼んでいたなあ。すいません,前置きが長くなりました。山気の補給に,私の特等フィールド・花園に行ってきたのです。

 

f:id:xjino:20210613214155j:plain
 まずは最奥,ブナの森。濃さを増した緑の中,響くホトトギスとエゾハルゼミの声は森の色彩の一部です。

 

 

f:id:xjino:20210613214206j:plain
 梅雨キノコが出ています。ウスヒラタケ,でしょうか。

 

f:id:xjino:20210613214220j:plain
 キノコみたいですがこれは種子植物,ギンリョウソウ。

 

f:id:xjino:20210613214240j:plain
 ウグイスカグラの実。食べられます。

 

f:id:xjino:20210613214253j:plain
 変形菌だ!

 

  f:id:xjino:20210613214306j:plain
 神秘の生き物。カビやキノコとは類縁のない,むしろアメーバに近い動物的な生命です。

 

f:id:xjino:20210613214338j:plain
 鳥の糞かと思いました。蛾です。交尾中の姿。2頭いるのわかりますか? 翅の縁に並ぶ純白の毛の神々しいまでの美しさに,生命の存在する意味を想います。

 

f:id:xjino:20210613214412j:plain
 季節的に野生の蘭の仲間を期待したのですが,少し早まったようです。これはたぶんクモキリソウ。茨城県で発見されたランです。

 

  f:id:xjino:20210613214424j:plain
 巨大なブナがその一生を終えてました。その材はキノコの糧となり,無機成分は他の多くの植物を喜ばせ,林床に射すようになった陽がたくさんの芽生えを育てます。命は続く。

 

f:id:xjino:20210613214452j:plain
 その最後の瞬間,森じゅうに盛大な咆哮と地響きを轟かせたことでしょう。静かに静かに数百年の時を刻んできた巨ブナが,最後だけ森にその存在を主張していきました。

 

f:id:xjino:20210613214533j:plain
 残念ながら今回もこの森では冬虫夏草が見られませんでした。ここ数年空振り続きです。

 

f:id:xjino:20210613214547j:plain
 一転,風が強く吹きつける丘。念のため言うと,天気予報では曇りのはずでした。本当によく晴れちゃって,晴れ男ここにあり。目的のヤツはここらにいるはずなんだけど。

 

f:id:xjino:20210613214623j:plain
 本当にいた! ムモンアカシジミの幼虫です。見られるとは思わなかった。先年虫採りの「師匠」にお会いしたことがよい運を連れてきてくれたかな。たくさんのクロクサアリに甲斐甲斐しくお世話されてますが,こいつの主食はそのクロクサアリの幼虫なんです。我が子を(正確には妹たちを)食う悪魔と仲良く歓談。自然って怖い。

 

f:id:xjino:20210613214638j:plain
 この丘にカメラはコンパクトの「権三さん」しか連れてこなかったのですが,どうもこの幼虫とは相性が悪い。ぜんぜん色が再現できません。実物はもっとコントラストのある先鋭的な配色なんですよ。…… もう撮る機会はないんだろうなあ。

 

f:id:xjino:20210613214730j:plain
 権三さんピント甘いよ。ヒメヘビイチゴとその実。実は赤くなりません。

 

f:id:xjino:20210613214743j:plain
 こっちはホントのヘビイチゴ

 

f:id:xjino:20210613214758j:plain
 イチゴつながりでモミジイチゴ。このあと美味しくいただきました。

 

f:id:xjino:20210613214813j:plain
 クサイチゴ。あまり美味しくありません。

 

f:id:xjino:20210613214825j:plain
 ヤマグワがどこに行っても実り始めてました。

 

f:id:xjino:20210613214838j:plain
 マムシグサどーん。

 

f:id:xjino:20210613214859j:plain
 また落ちてたミヤマクワガタ。もう成虫が出ています。

 

f:id:xjino:20210613214913j:plain
 ベニバナニシキウツギ。紅花なのに二色空木とはいかがなものかと。

 

f:id:xjino:20210613214924j:plain

f:id:xjino:20210613214938j:plain
 草原のあちこちにアヤメが。勘違いも甚だしいことに,これは湿地の植物ではないんです。菖蒲なんて漢字当てるから勘違いが増幅されてます。

 

f:id:xjino:20210613214957j:plain
 今回一番花が盛りだったかな。私には低地の花の印象があります。茨城では国道沿いとか田んぼの土手とか廃業したパチンコ屋の駐車場のコンクリの継ぎ目とかに生えてます。

 

f:id:xjino:20210613215023j:plain
 花びらの付け根の「文目あやめ」模様はハナショウブカキツバタにはないこの花だけのものです。この綾なす変化の精緻さゆえ,私は他の二種より圧倒的に美しいと思います。

 

      f:id:xjino:20210613215210j:plain
 マタタビが葉を白くして虫たちを呼んでます。ことしもマタタビの実を拾いに行きましょう。

 

f:id:xjino:20210613215305j:plain
 一日写真を撮りまくって,脱皮を終えたような爽快感をまとって帰宅しました。山気の補給,完了です。

 

 

 

 

↓ 関連リンクです。 

師匠とムモンアカシジミ - ジノ。

梅雨明けて花園の森に蝶が舞い - ジノ。

 

↓ 久しぶりの野外の自然写真です。お願いします。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ