ジノ。

愛と青空の日々,ときどき【虫】

ひかりのたからもの

 

       f:id:xjino:20210909182823j:plain


 さて,平磯海岸の拾いもの。ウランガラスはあるか。貝は蛍光を発するか。

 

 

f:id:xjino:20210909182905j:plain

f:id:xjino:20210909182921j:plain
 カメラの接写機材を机に並べ,紫外線ライトに電池を入れ,目にはUV保護メガネを付けて,撮影会のはじまりです。

 

f:id:xjino:20210909182934j:plain
 で,いきなりですがウランガラスはハズレ。平磯のシーグラスに強く光るものはありませんでした。もっとも,それは初崎海岸でも希少なものです。無くて当たり前か。

 

f:id:xjino:20210909182953j:plain
 貝の方はおおおおおっ。見事に光りました。2,3個暗いのは別種の貝。肉眼では同じ赤い巻貝なのですが,光る種類は限定されるようです。

 

f:id:xjino:20210909183014j:plain
 私が仮にサンショウガイとしている貝,実に鮮やかに光ります。

 

f:id:xjino:20210909183027j:plain
 それではしばし,貝の蛍光をお楽しみください。

 

f:id:xjino:20210909183044j:plain

f:id:xjino:20210909183057j:plain

f:id:xjino:20210909183113j:plain

 

 …… そうだ,ウランガラスと饗宴させてはどうだろう。

 

 

f:id:xjino:20210909183157j:plain
 明る過ぎです,ウランガラス。光らせるためにヒトが作り出したものですから,光が強くて当然かな。写真を撮るときには配置を考えねば。

 

f:id:xjino:20210909183259j:plain

f:id:xjino:20210909183312j:plain

f:id:xjino:20210909183331j:plain

f:id:xjino:20210909183340j:plain
 この世ならざる光で呼び合うウランガラスとサンショウガイ。

 

 

f:id:xjino:20210909183402j:plain
 微小な貝が不思議な存在感を放ちます。

 

 

f:id:xjino:20210909183414j:plain
 光る貝という宝物のカテゴリーを手に入れました。この世の謎を一つ解き明かしたような,ちょっと得意な気分です。

 

 

 

 

 

↓ 先立つ記事です。もし未読ならぜひ。

美しき花もその名を / シーグラス拡大 - ジノ。

貝の蛍光/サンショウガイが鮮やかなわけ - ジノ。

 

 

↓ あらキレイ と思ったらポチください。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野の花へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ